紫苑's CafeSION'S CAFE

霊感の強いひとの特徴とは

霊感の強いひとの特徴

霊感の強いひとって、どんなひとでしょう? ミステリアスなひとを思い浮かべる方、修験者のように厳格で気高いひとを思い浮かべる方、イタコやユタのようなシャーマン的な存在を思い浮かべる方など、イメージはそれぞれに異なると思います。
今回のコラムでは、手相・人相・四柱推命・西洋占星術に表れる霊感の強いひとの特徴をご紹介しましょう。あなたも当てはまっているかも?

霊感の強いひとの手相・人相

霊感の強いひとに代表的な手相は、神秘十字線と言われるもの。感情線と知能線の間にある十字マーク線のことです。垂直に交わっていなくても、複数でも神秘十字線となります。はっきりと表れているひとほど霊感が強く、また、信仰心も強いひとです。
親指の第一関節が二重線で、その両端が閉じているアーモンド形、つまり目の外郭のようになっているものを仏目相(ぶつがんそう)と呼びます。仏目相を持つひとには霊的な加護があり、霊感が働いて天啓を受けることも。念が強いため、願望実現力が強いのも特徴です。

人差し指の下にシャープ(♯)のような格子状の四角、もしくは網掛けで複数の四角が現れる紋を聖職紋と呼びます。奉仕の精神が豊かで、精神的な指導者に向くだけでなく、霊感を持って神仏の道へとひとびとを導く役割を果たす手相です。
人差し指の根本、いちばん下の関節に両端を接して、指輪のように弧を描く弓状のラインは、旧約聖書で有名な賢王・ソロモンにあったというソロモンの環。霊感が強く、支配者的立場に立ち、ひとびとを導きます。

このほか、小指がくすり指より短い、知能線が手の小指側の下部まで下がっている、知能線が短いなども霊感があるタイプ。これらの手相が多ければ多いほど霊感が強いと言えるでしょう。
人相学的には目が霊感を表していて、目が大きいひとはさまざまなものを見通す力が強いとされています。とくに比較して左目が右目より小さめのひとは霊感が強いとされています。額中央の生え際近くにほくろのあるひとも霊感が強いです。顔全体にはお釈迦さまに似た顔ほど福相で、また、霊的なパワーもあると言えるでしょう。

霊感のあるひとの四柱推命

四柱推命では『異常干支』と呼ばれる干支があります。異常というと悪いことと思われやすいですが、四柱推命においては特別・特徴的という意味です。
異常干支は複数ありますが、その中でも丁亥(ひのとい・ていがい)を持つ方がもっとも霊感が強いとされています。感受性・インスピレーションが非常に強く、見えないものや将来を見通す力を持っている方が多いでしょう。

つぎに霊感が強い干支は壬午(みすのえうま・じんご)を持つ方。これから起こる出来事を夢に見ることができ、初対面の相手でも背景を読み取ってしまう能力、未来を見る力があることが多いでしょう。壬午についで霊感が強いのが辛巳(かのとみ・しんし)を持つ方です。インスピレーションが強く、苦労して育つとさらにその傾向が強まります。
壬午・丁亥・辛巳は日柱だけでなく、そのほかにあっても影響が大きく、波乱の多い人生になりがち。しかし、それを乗り越えるパワーや才能を有する方が持っていますので、自信を持って人生を歩んでよいでしょう。

霊感の強いひとの星座

西洋占星術の12星座の中で、もっとも霊感が強いのがさそり座の方です。神秘的な雰囲気を持ち、思慮深く、メンタルや心に重きを置きます。うお座の方も霊感が強いです。あらゆるひとやものに波長を合わせることができます。さそり座は洞察力・直感力、うお座は同調性・感受性がその根源といえるでしょう。ほかにはおとめ座の方が観察力・こまやかさで目に見えないものを察知しやすいです。

その他、霊感が強くなる要因について

幼い頃から他者との交流が深い方は心を重視することになりますので、霊感が強まりやすいです。また、音楽や絵画、舞台などのアートシーンに親しんで育つことも情操が豊かになるためか、その傾向にあります。
宗教的な教育を受け、「世の中には目には見えない、何か大切なこと、大いなる存在がある」と教えられて育った方も霊感が強まりやすいです。反対に「見えないものはないもの」と現実性を重んじる教育を受けると、素養はあっても霊感は育ちにくいでしょう。素養と書きましたが、遺伝的要因もあります。ご両親や祖父母さま、ご親類筋などに宗教家や霊能者がいると霊感の強いひとが生まれやすいものです。

そして、霊感が強い方は体型的にふくよかな場合が多いです。霊媒体質の方は何でも受け止めてしまうので、食べ物からもカロリーを受け取りやすいからという説があります。(結果的にそうなっているだけであって、太っているから霊感が強いとは言えないですが)。

霊感の強いひとの特徴について、書かせていただきました。あなたはいくつあてはまっていましたでしょうか?以上の要素を持つ方が必ずしも霊感が強い訳ではなく、複合的に要素が絡み合って、結果的に霊感が強まると考えられます。また、生まれ持った素養が後天的に、教育や体験によって磨かれる、後押しされることも大きいでしょう。
そして、そうした能力をダイレクトに活かして霊能者や占い師になる方もいらっしゃれば、ほかの仕事に活かすことで世の中に貢献されている場合もあります。いずれにしても、強い霊感や霊能力はよいことに遣ってほしいものですね。