霊視レスキュー119RESCUE119

紅月先生仕事一筋で生きてきましたが、寄り添い合えるパートナーが欲しくなりました

相談者/香さん(38歳 会社員 東京都)

学生時代に痛い失恋をしたこともあり、社会人になってからは仕事優先の人生でした。実家が貧乏でお金持ちになりたいと思っていたこと、昔から夢見ていた業界に運よく入れたことなどもあり、恋愛は仕事のついで、くらいに思っていました。顔採用で受かる子や、愛嬌で許されるタイプの子、寿退社する子のことも表向きは祝福していましたが、本心では見下していました。でも、年齢を重ねるにつれて「このまま一人で生きていくのは寂しい」と思うようになりました。今までのプライドがあるので誰にも話せませんが、お互いに支え合いながら一緒に生きていくパートナーが欲しいです。この先に良い出逢いはあるでしょうか。どうすれば良い出逢いに恵まれますか。鑑定をお願いします。

運命は頑張ってきたあなたにご褒美を用意しています

回答者/紅月先生

あなたの魂を鑑定しましたが、とても力強く明るい、まっすぐな光を感じました。あなたは数々の苦労を自分の力で乗り越え、今まで生きてきた素晴らしい方です。運命はそんなあなたにご褒美のプレゼントを授けようとしています。それは今から半年以内に起きるでしょう。新しい出逢いの相手はあなたに負けず劣らず社会で活躍されている方です。あなたと同様、このまま一人でいるのは寂しいという孤独な気持ちを抱えています。あなたが心を開いて素直な気持ちで接することで彼も心を開き、ふたりは固い絆で結ばれるでしょう。

紫苑受付註.1)
つい先日、鑑定以降の出来事についてご報告のお便りをいただきました。電話占い鑑定から三か月半ほど経った頃、仕事の席で出逢った四十代男性と意気投合。とある外資系企業で役職に就かれている方で、一見とても洗練された大人の男でありながら、子供らしい一面もあり、すぐに好感を抱いたそうです。「素直な気持ちで接すること」という助言通り、隙を見せないように生きてきた今までの自分を崩すように接してみたところ、彼から愛の告白を受け、いまは都内タワーマンションで同棲生活をしているそうです。