世界のパワースポットを知るPOWER SPOT

「妖精の煙突」の異名を持つ奇岩群 カッパドキア(トルコ)

きのこや煙突の形をした不思議な岩々が並ぶ場所

カッパドキアは、トルコ中部・アナトリア高原におよそ100平方㎞にわたって広がる奇岩地帯です。この場所は、数億年前から火山の噴火が繰り返され、柔らかい地層と硬い地層が積み重なっていきました。やがてそれらが風雨によって浸食されると、硬い地層のみが残り、きのこや煙突のような不思議な形をした奇岩が形成されていったと言われています。そのユニークな岩々の姿から、「妖精の煙突」と呼ばれることも。1985年には国立公園とともに「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」として世界遺産にも登録されました。

奇岩群は外敵から身を護る絶好の隠れみの

岩に囲まれたカッパドキアは、外敵から身を護るためにとても適した土地でした。そのため、新石器時代にはすでに人が住み始めていたと考えられています。また、2世紀頃にはキリスト教徒の修行の場としても使われていました。しかし、4世紀に入りローマ帝国やイスラム教徒からの迫害を受けるようになると、キリスト教徒たちは洞窟や地下都市を造り、そこで生活を始めます。地下都市はアリの巣のように通路が張り巡らされ、多いところでは数万人もの人々が住んでいたと言われています。キリスト教徒たちがお祈りをするために、6~13世紀にかけて300以上の岩窟教会堂や修道院が造られました。こうした教会堂の一部は現在も見学することができ、キリストの美しいフレスコ画(壁に直接顔料で絵を描く技法のこと)も残っています。

自然が形成した岩々から生命力を受け取る

カッパドキアは、長い年月をかけて形成された岩々から自然の雄大さを感じられるだけではなく、宗教的な歴史も併せ持つパワースポットです。ぜひ、自分の五感をフル活用して自然や昔の人々の生命力を感じてみてください。カッパドキアを数日かけてトレッキングする観光コースもいいですが、特におすすめなのが朝の時間帯の気球ツアーです。奇岩群と美しいサンライズが合わさった絶景を目にすれば、まるで自分自身が生まれ変わったような、新鮮な気持ちになれることでしょう。