世界のパワースポットを知るPOWER SPOT

大地のエネルギーを存分に味わえる セドナ(アメリカ)

多数のボルテックスが点在

セドナは、アメリカ合衆国の中でも屈指のパワースポットです。アリゾナ州の中北部、赤い岩山に囲まれた広大な大地には、「ボルテックス」と呼ばれる強い磁場が多く点在しています。ボルテックスとは、ラテン語で「渦巻」という意味。文字通り、大地の奥深くから強い磁気が渦を巻くように放出される場所のことです。一つの大地に多数のボルテックスが集まる場所は、世界的に見ても珍しく、セドナから放出される強大な大地のエネルギーを得ようと、世界中から多くの人々が集まっています。

男性的・女性的エネルギーがひしめく

セドナから放出されるのは、男性的エネルギーと女性的エネルギーの2種類。男性的エネルギーには、その人の魂を高めてくれる効果が、女性的エネルギーには、大地のエネルギーによって疲れた心と身体を癒してくれる効果があると言われています。それぞれのボルテックスによって発せられるエネルギーは異なりますが、次にご紹介する「4大ボルテックス」を回れば、バランスよく心身のエネルギーを整えることができます。

●エアポートメサ

セドナの中心に位置する小高い丘です。初心者にも比較的登りやすく、丘の頂上からはセドナのパノラマビューを楽しむことができます。おすすめは夕刻の時間帯。岩山が赤く染まる雄大な風景を望めます。

●カセドラル・ロック

岩山が垂直に立ち並び、まるで大聖堂のようないでたちから、この名前が付けられました。女性的エネルギーに満ちた場所で、寂しさや孤独を感じているなら、大きな愛に包み込まれるような感覚を味わうことができるでしょう。

●ボイントンキャニオン

男性的エネルギーと女性的エネルギー、どちらも併せ持つ場所です。4大ボルテックスの中でも特に強いエネルギーを放っています。女性的エネルギーを持つ岩「カチーナ・ウーマン」に座ると、子宝に恵まれるという言い伝えもあります。

●ベルロック

釣鐘のような形をした特徴的な形をしています。男性的エネルギーに溢れた場所で、身体の奥底から力がみなぎる感覚を味わえるでしょう。中腹までのトレッキングは比較的容易ですが、頂上までの道のりは険しいので、無理は禁物です。

パワースポット・セドナの誕生

今や世界的に有名なパワースポットの一つとなったセドナ。その歴史は古く、もともとはネイティブ・アメリカンが信仰していた場所でした。彼らは儀式のたびにセドナを訪れ、祈りを捧げていたと言います。やがて12世紀になると、ネイティブ・アメリカンはセドナへと移住。数百年の間、農業や狩りをして生活していましたが、15世紀前半に彼らは集落を去っています。その理由は、いまだ明らかにされていません。
セドナに再び人の姿が見られるようになったのは、白人が入植した19世紀に入ってからのことです。街の発展に尽力した人物、セオドア・カールトン・シュネブリーの妻の名前をとって、街は「セドナ」と名付けられました。そして1980年代、セドナが多くのボルテックスが存在する場所だと聞きつけたサイキッカーやヒーラーたちが訪れるようになり、パワースポットとして世界中に知られるようになったのです。

セドナを訪れ、ヒーリングの道に目覚めたという人も少なくありません。現地に住むヒーラーによるヒーリング体験に参加してみたり、ハイキングやサイクリング、ヨガなど、思い思いのままに、セドナを楽しんでくださいね。