開運の法則LUCKY

オーラの法則「第10回 潜在意識を活用して幸せを呼び寄せる方法」

私たちが生まれた時から大人になるまで様々な経験を積みます。その経験をもとに無意識下で行動することを潜在意識というのですが、オーラと同じで潜在意識をコントロールするのがとても困難。ですが、潜在意識を活用すれば眠っていたオーラが開花し、新しい自分を発見できるはず。ここでは、潜在意識を利用して幸せを呼び寄せる方法を紹介します。

潜在意識と顕在意識の二つの違い

潜在意識を活用して幸せを呼び寄せる

人には二つの意識があり、「潜在意識」と「顕在意識」があります。潜在意識は深層意識と言われていて、私たちの中に無意識に存在しています。歩いたり言葉を喋ったりすることを、何も考えずに無意識にできますよね?これが潜在意識です。潜在意識は私たちの中でおよそ90%も占めています。これをコントロールできるようになれば、どのようなことでも幸せを感じられようになると言われているのです。反対に顕在意識は表面意識とも言われ、理性や知性など、普段意識して行動する意識のこと。顕在意識は霊的な可能性を秘めてはいませんが、私たちが生活する上でとても重要なことです。大脳新皮質と言って新しい脳を使っている状態。赤ちゃんは潜在意識が100%の状態で生まれてきます。そこから学び、顕在意識が増えていくのです。

潜在意識が弱い人とは

幸運オーラを引き寄せる人は、潜在意識が強い証拠です。運がいい人はただラッキーなだけではなく、実は自分で運を引き寄せています。反対に、潜在意識が弱い人は周りに流されやすくなり、自分というものが持てなくなるのです。たとえば誰かに何かを頼まれたとしたら、潜在意識が弱い人は嫌な気持ちになってしまいます。やらされている感が心のどこかにあるので、嫌々やってしてしまうのです。そうなると良い結果も出ず、頼んだ人からも信頼されなくなってしまうことに。この悪循環が続いてしまい、幸せが遠のいてしまうのです。幸せオーラは霊のエネルギーでもあるのですが、潜在意識が弱いことでその霊の発現ができない状態となります。潜在意識を活用するためには努力が必要ですが、この先幸せを手にできるのであれば試してみるのも良いでしょう。

潜在意識を活用する方法

最後に、潜在意識を活用して幸せを呼び込む方法です。そもそもマイナス思考の人は潜在意識に染み付いており、霊のエネルギーが弱まっている状態。思考回路がすでに癖づいてしまっているのを、軌道修正するのは容易ではありません。ですが方法はあります。潜在意識はこれまで説明してきた通り、意識をコントロールすることが大切です。まるでラジオのチューニングがあったような感覚となり、潜在意識と理想がマッチングしやすくなります。まずは日頃から自分が理想とする幸せの形を想像することから始めてください。言葉に出すと言霊が発現し、より効果が期待できます。これまで理想だったことが脳内で処理し、それを現実にさせるための行動に移すのです。

日頃から常に理想を唱えることで、潜在意識に落とし込め、当たり前のように幸せへのベクトルが向き始めるでしょう。潜在意識は言霊と深く結びついており、唱えるだけで不思議とその通りになるものです。反対に、悪口や文句を言うことで、それがそのまま自分に返ってきます。日頃からのトレーニングで魂のレベルも上がり、オーラが強くなるでしょう。もし潜在意識をコントロールできるようになれば、幸運体質となり、人生が豊かになりますよ。自分の中に眠る可能性に賭けて、挑戦するのもよいかもしれませんね。