開運の法則LUCKY

オーラの法則「第6回 オーラを恋愛にいかす法則」

人生の悩みの中で大きな割合をしめる恋愛。占い、おまじない、女子力磨き、男磨きなど、いろいろな方面から恋愛パワーをあげる努力をしている人も多いはず。今回はオーラの法則を恋愛に応用する方法をご紹介します。

自分自身を輝かせる努力が恋愛オーラを引き寄せる

繰り返しになりますが、オーラは、人から直接的に働きかけてコントロールすることができません。そのため、オーラを恋愛にいかすには、自分の方からオーラの恩恵を受けやすい状況を作ることが近道となります。では、どんな状態がオーラの恩恵をうけやすいかというと、「輝いていること」、これが大切です。内面的な魅力がにじみ出た輝きがもっとも効果的ですが、それはすぐには出せないもの。そこで、まずは形から入っていきましょう。メイクにキラキララメを使う、ヘアエステで髪の輝きをプラスする、コンタクトを変えるなどで外側のキラキラ度をアップしつつ時間を稼ぎ、その間に自分を輝かせるあなただけの魅力を探して磨き始めましょう。

自分のオーラと相手のオーラとの相性を占う

名前を使ったちょっとした占いで、恋愛関係の相手とのオーラの相性を知ることができます。名前にもわずかですが霊の影響が現れています。そこで、自分の名前と相手の名前を平仮名にして、色の名前の頭文字になるものをピックアップします。「さとう」なら、「さ」は桜色、錆色、サンゴ色、「と」には鳶色、砥の粉色、「う」には鶯色、薄色、薄茶などがあるので、その中から一色ずつ好みの色を選んでいきます。色彩系の図鑑などにはあいうえお順で色の名が出ているので参考になるでしょう。こうして互いの名前の文字数だけ選んだ色を、自分の分と相手の分を別々に、絵具でも色鉛筆でもいいので、できる限り再現して虹のように並べて紙に塗ります。二人の色を並べて比較した時、その色合いが似通っていれば二人のオーラ相性はいいでしょう。

恋愛負けしないオーラの育て方

恋愛は人を夢中にさせます。時には、周囲が見えなくなり自分自身さえ見失ってしまうほどです。そんな大きなパワーを持つ恋愛だけに、オーラが導く方向から外れて、間違った方向へと突き進んでしまうこともあります。ただ、霊的エネルギーの発現であるオーラに背く形の恋愛はハッピーエンドになる可能性が低くなります。そこで、恋愛パワーに負けないくらい、恋愛オーラを強く育てておくと安心です。その方法とは、恋愛反省日記を書くこと。その日の自分の恋愛がらみの言動を書き出していくことで、客観的に自分の恋愛を見つめることができると同時に、冷静さを取り戻せます。そして、やり過ぎた、間違ったと思うところは、どうするのが正解に近いか考えるという行為が恋愛オーラとあなたの距離を近づけ、オーラの影響を受けやすくしてくれます。

オーラをうまく恋愛に使うための法則とは、恋愛に振り回されるのではなく、オーラの協力を得て、恋愛主導権を握って成就させるためにあります。よく、恋愛とは理性ではコントロールできないものと定義しますが、オーラは理性よりも強く独立した存在です。そのため、オーラのパワーを借りられれば、恋愛はある程度コントロールできるのです。オーラを恋愛にいかすための、いくつかのヒントを参考に、あなたの恋愛を成就へと導いていきましょう。