開運の法則LUCKY

オーラの法則「第5回 オーラを仕事にいかす法則」

これまでの記事で、オーラは見ることができる人とできない人がいること、オーラとの間には相性が存在すること、人がオーラエネルギーを自在にコントロールすることはできないけれど、エネルギー補給の助けはできることなどを知りました。ある意味気ままに発現するオーラに対して、私たちは直接的に働きかけることはできませんが、オーラが発するエネルギー値を上げることで、プラス効果を得やすくなることも分かりました。次は、そのパワーを仕事にいかすための法則をご紹介します。

成功している人のオーラから好影響をうける方法

既に成功している人は、自身の霊的な存在が発するエネルギーを有効活用している可能性が非常に高いといえます。そんな成功者たちのオーラは強く輝きを放っています。彼らのオーラから好影響を受ける方法が、オーラとオーラの接触です。先に述べたように人がオーラに働きかけることは原則できません。でも、オーラ同士はエネルギー交換ができます。成功者のオーラに触れる機会をつくることが、オーラ同士の接触の機会につながります。最もオーラパワーが集まるのは頭上とされますが、他人の頭に触れるのは難しいですね。そこで狙うのは肩。肩を組む、埃を取る動作をする、コートやジャケットを受け取ったり掛けたりするような時に、肩に手の平をあて、自分の手の平の温度が相手の肩に伝わることを感覚的に認識することが、オーラ同士のつながりを作るきっかけとなります。すぐに効果がでるものではありません。チャンスを見て何度もチャレンジしましょう。親しくなれば肩だけでなく、背中や頭などに触れる機会もめぐってくるかもしれません。そうすれば、さらにオーラ同士につながりがうまれやすくなり、成功者オーラの好影響を受けられる可能性も高まります。

仕事運につながるオーラは仕事が嫌い?

これは不思議な法則ですが、「仕事運を後押しするオーラの持ち主に限って仕事をしない」というものがあります。遊んでばかりいるしさぼりがち、なのに仕事ができる人が周囲にいませんか? その人こそ、仕事運のオーラの持ち主です。これらから導き出される法則が、「仕事運のオーラを味方につけるには、仕事をするな」「もっと遊べ」となります。もちろん、まったく働くなという意味ではありません。人の倍働けばその分仕事の効率が上がって功績を残せるわけではないのです。あくまで、人と同じか人よりも少ない仕事時間や仕事量で、人以上の仕事をこなして成果もだせるのが、仕事運オーラの特徴です。

仕事オーラを輝かせるためのおまじない

直接的にコントロールすることのできないオーラですが、おまじないを使えば神頼み的にオーラの輝きに磨きをかけることができるかもしれないとしたら、試してみたいと思いませんか? そのおまじないとは頭に金粉をまいて太陽と月の光を浴びること。本物の金粉を使うため、少し費用がかかりますが、オーラをコントロールする方法がない中で、金運と仕事運オーラに対して効果があるとされているおまじないなので、試してみる価値はありそうです。金粉はほんの少しでかまいません。見た目に分かるほど使う必要はなく、チラチラキラキラ程度で十分。後はしっかりとお日様とお月様のパワーを浴びて、仕事オーラを充電してもらいましょう。

オーラのパワーを使って仕事運を上げる方法をご紹介してきました。人のコントロール下にないオーラだけに、即効的な方法や完全制覇法則はありませんが、すでに仕事運オーラの助けを得ている人からヒントを受けたり、仕事運オーラの特徴をつかんだりすることで、少しでも恩恵に与れるチャンスを増やしましょう。さらに、金粉おまじないをプラスすれば、あなたの真剣度がオーラに届いて、仕事運の押し上げにその威力を発揮してくれるかもしれません。