霊能者インタビューINTERVIEW
女性鑑定師

月の華(つきのはな)霊能者恋愛運と金運、両方を高める相手との出逢いに導きます。

愛とお金は密接な関係にあります。もし夢見る若い少女であれば「愛があればお金なんていらない」と言うかもしれませんが、実際問題、人がある程度文化的な生活をするにはお金を必要としますし、金銭的な困窮は生活水準を下げ精神を蝕みます。愛情を維持するためには金銭面である程度の余裕が必要なのです。今回は、人気霊能者の月の華先生に「愛とお金」というテーマでお話を伺いました。

愛とお金はやはりそれなりの関係があるのでしょうか。

◎月の華霊能者
あります。良い未来を運んでくれる人は金銭的にも良い流れを作り出してくれます。また逆に、「見た目は良いけどお金にだらしがない」「良い人だけどお金がない」といったタイプの人は、短期的には燃え上がる恋になるかもしれませんが、長期的に見ると人生のプラスになりません。

愛があればお金は関係ない、と信じたいところですが…。

◎月の華霊能者
はい。本当のところは愛があればお金なんて関係ありません。例えば、ふたりでデートをして男女のどちらがお会計を持つか、割り勘か、奢りか、といったことでいちいち目くじらを立てる人には、真の愛は決して見えてこないでしょう。愛情に恵まれたごく普通のカップルであれば、お金の話はある程度フランクにするはずです。「前回はおごってもらったから今回は私が出すね」「じゃあ次の店は自分が払うよ」といったやりとりは、まともな男女交際経験のある方なら誰でも一度はしたことがあるはず。

確かに、落ち着いたカップルはそういう雰囲気になりますね。

◎月の華霊能者
しかし、だからといって最初のデートで女性に全額出させる男性はちょっと性格的に問題があると思いますよね。また「毎回相手にお金を出させるのが当然」という考えの人が性格的に善いかと言えば、もちろん中には例外もあるでしょうが、おそらくそうではない可能性のほうが遥かに高いでしょう。

それは確かに男女共に当てはまりますね。

◎月の華霊能者
ある程度のお金、および金銭感覚は、人としての品性を保つために必要不可欠なのです。そういう意味で、「愛があればお金は関係ない」ということです。似た言葉に「品性はお金では買えない」というものもあります。品性は確かにお金では買えません。しかし人として一般的な品性を維持するためにはある程度のお金を必要とします。「貧乏人=悪い」「お金持ち=良い」という低俗な次元を逸脱するために、ある程度の金銭的余裕は必要不可欠なのです。

現在のパートナーがお金にだらしない場合はどうすれば良いのでしょうか。

◎月の華霊能者
相手の考え方を変えるための方法もあります。通常、ある程度年齢のいった大人は、根本的な性質が変わることはありません。しかし、相手の手綱をうまく取り、コントロールすることで、その発現の仕方を変えることは可能です。根本的に金銭面でルーズな方であっても、一定の環境下で浪費癖を抑えられる場合はあります。それを霊視で見つけ出します。また当然「別の良い相手を見つけ出す」という選択肢もあります。

先生の鑑定は「愛情とお金が両立する縁を結んで下さる」と評判です。

◎月の華霊能者
両立していなければふたりの間に未来は生まれません。金銭面での感覚が合う相手とお付き合いすることで、恋愛関係自体がより強固になります。金銭面の感覚が合っていない相手との付き合いは、冒頭でも言いました通り、将来を考えなければ良いかもしれませんが、建設的かと言われれば決して首肯できるものではありません。私の鑑定では、そういった意味で建設的な未来を描ける相手との出逢い、交際に、必ず導きます。