天紫苑先生監修 開運講座GOOD FORTUNE

自然のパワーを吸収!
大いなる存在とシンクロする方法

自然のパワーを吸収する

心身が疲弊したとき、体は睡眠・休息や栄養バランスのいい食事で回復させることができます。しかし、心の疲弊・魂の衰弱は、それだけでは回復しにくいでしょう。心・魂にパワーを補給するには、睡眠・休息に加えて、気分転換が必要。映画を見に行く、美術館に行く、友人や彼氏と遊びに行く、飲みに行くなど、さまざまな方法がありますよね。しかし、それらは一時的には楽しい気持ちになっても、魂の根底から癒されたという感覚にまでは至らないことが多いもの。魂に栄養補給するにはどうしたらいいでしょうか?

それには自然からパワーを得るのがもっとも効果的です。自然は宇宙の法則に逆らうことなく、あるがままに存在しています。そのため、自然に触れ、そのパワーを吸収することで宇宙とシンクロすることが可能になるのです。このコラムでは、自然のパワーを吸収し、大いなる存在とシンクロすることで、魂を回復させる、あるいは、いまより魂を元気にする方法をご紹介します。

自然に触れると人間本来の生活を疑似体験できる

わたしたち人類は、原始、個々があるがままに生き、自然の中で暮らしていました。おなかが減ったら木の実を採って食べたり、狩猟をして動物を食べたりして生きていたのです。しかし、そのような糧はつねに得られるものではなく、不安定であったため、共同生活を送ることで農耕を営み、食物を育てるようになりました。以降、生活上の不便をつぎつぎと解決してきたのです。人類の暮らしは進化を遂げ、いまでは多くのひとが肉体的には快適に暮らせるようになりました。しかし、そうした便利と引き換えに、わたしたちはストレスの多い生活を余儀なくされています。肉体的な安楽と引き換えに、精神の自由を失った状態にあるのです。しかし、一度進化した社会を後戻りさせることは、ほぼ不可能でしょう。

原始から変わらず地球に存在しているものが山や海などに残る自然です。自然に触れることで、わたしたちは束の間、人間本来の生活を疑似体験できます。そのため、自然に触れると現代人のストレスは大きく軽減できるのです。街中でも、緑の並木道を歩くこと、アスファルトの隙間で咲く野の花を見ることで、ほっと安らぐことがありますよね。遺伝子が生物の形や性質を祖先から子孫へ伝えるだけでなく、学習行動も記憶し、伝えているということも科学的に立証されはじめています。わたしたちはDNAレベルで太古の暮らしを記憶し、その時代の暮らしへの回帰を求めているのかもしれません。

実際に自然には癒し・健康効果がある

自然に触れる癒し効果や健康効果は、科学的にも立証されています。森林浴や海水浴、滝の周辺、波打ち際などに赴くことでそれらが得られるのです。森には樹木が発するフィトンチッドという物質が豊富にあり、空気中に漂っています。また、森林、とくに滝などの周辺にはマイナスイオンも豊富に発生しています。フィトンチッドとマイナスイオンは副交感神経に作用するリラックス効果、ナチュラルキラー細胞の活性化による疲労回復効果、免疫力アップ効果、酸化抑制化によるアンチエイジング効果、脳波におけるα波の増加、果ては高血圧の正常化、成人病予防効果をもたらすのです。

そして、目にやさしく爽やかな緑の光景、フィトンチッドや清冽な酸素による独特な森のよい香り、土や樹木に触れる新鮮な感覚、風の渡る音、せせらぎの音、小鳥たちの囀り、蝉の声を聴き、湧き水を飲んで味わうなど、五感のすべてを通して、さまざまな爽快感を堪能できます。自然の動きや音は「1/fゆらぎ」を持っています。あらゆる量が平均値からズレることがゆらぎなのですが、生体リズムも同じゆらぎを持っているため、五感を通してそれらを感知することで、自律神経が整えられ、精神が安定し、活力が湧く効果が期待できるのです。

一方で、海水浴では海水成分による健康効果が得られます。海水の成分は皮膚炎や皮膚病に効果的です。海水のもたらす浮力は全身に適度な圧力をかけるため、マッサージ効果が得られます。冷たい海水のもたらす免疫アップ効果、冷たい海水に浸ることや、砂浜を踏みしめることによる神経への鎮静効果、脳の活性化、マリンブルーが視覚に入ることによるリラックス効果など、枚挙に暇がありません。これらの性質を利用し、さらに効果を高める工夫がなされた健康法・治療法がいわゆる、タラソテラピー(海洋療法)です。エステにも応用されていますので、美容に興味のある方は体験してみるのもいいでしょう。

そして、もちろん、波音も1/fゆらぎを持っています。そして波音は胎内で聴く音に似ていると言われていますので、母の胎内にいるような安心感を得ることができるでしょう。海はマイナスイオンに満ちていますが、とくに波打ち際には多くのマイナスイオンが発生しています。波打ち際にいるだけ、歩くだけでもその効果を得ることができます。自然の恵みは偉大ですね。

森か海かの選択方法

自然のパワーを得るのには、森と海のどちらがいいのでしょう。両方行ける時間や経済的な余裕があればいいのですが、なかなかむずかしいですよね。結果的には「行きたい」と思う方に、好みで決めていいと思います。海で溺れた経験があるなど、海がこわい方は森を、山道で迷子になった経験があるなどで、森がこわい方は海を選択した方がリラックスできて、より効果的でしょう。

海では、必死に泳がなくても、体を浸すだけ、砂浜のビーチベッドなどでくつろいでいても効果を得ることができますので、ゆったりと過ごしたい方、疲れを癒したい方は海がおすすめ。一方、森は中に入るのには多少歩くことが必要ですので、活動的な方に向いていると言えるでしょう。生まれた環境に近い方を選ぶという方法もあります。自然豊かな場所で生まれた方限定になりますが、生まれた環境に近い方が安心感も高い場合があるからです。

海は癒しの要素が多めで、森は活力を得る要素が多めとも言われています。さまざまな選択基準がありますが、迷ったらピンとくる方に決めることがおすすめ。ピンと来るということは霊的な導きがあるという証拠だからです。そして、体力づくりを兼ねたいと思う方は、登山するのもいいでしょう。

森でのパワー吸収法

森からパワーを得るためには、森に入る道から、ある程度奥まったところまで入る必要があります。樹木の密集したところ、滝や川の流れているところであれば理想的です。まず、樹木の声を聴くつもりで、触れてみてください。大樹であれば、あなたより長い人生を生きていることでしょう。大樹に育つまで、樹木は長い期間を経ています。草や花、すべての植物もそうですが、「わたしはここで育つのは、咲くのはイヤだ」などと言うことはありません。発芽した場所で、風雨に耐え、日を浴び、天をめざしてひたすら成長を続けてきたのです。そうしたストーリーを瞑想してみます。

樹木と共鳴する感覚が得られたら、つぎに樹木の根に目を移してみてください。大地からの栄養を得るために、しっかりと根を張っています。それを再認識できたところで、大地に触れる、もしくは何かの敷物を敷いてその上に寝転んでみてください。樹木が大地から養分を吸収するように、大地からのエネルギーが自分に流れ込んでくつことをイメージしてみましょう。水音や鳥の囀り、風の音を味わいながら、瞑想します。このとき、目を閉じてしまうことはあまりおすすめではありません。目を閉じてしまうと、目からの情報はシャットアウトできますが、逆に雑念が浮かびやすくなります。闇によって想念が暗くなる傾向も出てくるのです。

そして、心地よさで眠ってしまうこともあるでしょう。寝ることが悪くはありませんが、ひとりでいる場合に盗難や痴漢に遭うなどの危険性もあり、瞑想もできなくなってしまいます。本来、瞑想は一点を見つめてするものなのです。目を閉じるのでなく、「目を慎んだ」状態がもっとも瞑想に適しています。一点だけ見つめることで、暗闇になることなく、目からの情報がほとんどシャットアウトできます、このとき、目に力を入れずに、半眼くらいに開けておくといいでしょう。その状態のまま、大地のエネルギーが体いっぱいに、心いっぱいに流れ込むことをイメージします。わたしたちは大自然に育まれている、大自然の一部であると認識を深めていきます。大地のパワーをたっぷり充電できたら、滝を眺めたり、花を愛でたり、川に手足をひたりたり、思いっきり森の時間を楽しみましょう。そして夕刻には森を出るように気を付けてください。

海でのパワー吸収法

海では、できるだけ海水に浸かることをおすすめします。それのためには海水浴が解禁される夏季に行くのがいいですね。生命の源である海に体を浸し、胎内音に似た波音を聴くことで、胎児に戻った感覚を味わいます。可能であれば、ザブンと頭まで潜って、海で洗礼を受けて、自分を新たにするイメージ、塩による浄めを受けるイメージを持つと、より効果的です。抵抗のある方は海水を手ですくって、頭に掛けてみるだけでもいいと思います。海水に体を任せて浮力を楽しむ、泳げる方は泳いでみるなど、海水の中で自由な感覚を満喫しましょう。夏季以外では、手や足を海水に浸すようにします。このときも少し手で掬って、頭を濡らすといいでしょう。

海では、溺れる危険を顧慮し、砂浜で瞑想をします。熱中症を避けるため、必ず日陰やビーチパラソルの下で行うようにしましょう。生命が海から生まれ、地上に上がって、人類が生まれたこと。汐の香りや波音を味わいながら思いを巡らせます。海はリラクセーション効果が高いので、あとは読書をしたりしながら、のんびり過ごし、癒しを得ましょう。飽きたら波打ち際を歩き、濡れた砂浜を裸足で踏みしめる感覚を味わいます。こどもっぽいと思われるかもしれませんが、童心に帰って、砂遊びをするのもいいことです。大地と戯れる機会は、おとなになるとなかなかないですから。のんびり過ごすためには、海辺のホテルのプライベートビーチ的な海がおすすめ。多少出費はかさみますが、単独行動でも貴重品を持ち歩く必要がなく、ビーチベッドでうっかりお昼寝してしまっても危険が少ないからです。リラックスするためには、安心感は重要。ひと気の少ないビーチに行くときは、複数人で行動するようにしましょう。

森や海とシンクロすることで宇宙とシンクロできる

冒頭で述べたように、森や海と波長を合わせることで、宇宙の法則・大いなる存在とシンクロすることができます。パワーや癒しを得られるだけではなく、道徳を強く意識せずとも自然に正しい行いができるようになるのです。大いなる存在の意思に適った自分になることで、あらゆることがスムーズにできるようになります。卑近な例かもしれませんが、職場で上司の加護があれば、働きやすくなるのと同じ。ひとではなく、大いなる存在を味方に付けることができれば、こんなに心強いことはありません。小さなことでクヨクヨしたり、悩むこともなくなるでしょう。ふだんの行動範囲でできるレクリエーションより、手間やお金かかるものの、得られる効果は絶大なのです。日常の癒しで気分転換できなくなってきたら、大自然の中に出かけてみましょう。

森や海に出かけることで、自然のパワーを吸収し、大いなる存在とシンクロする方法をご紹介しました。パンデミックの影響や、経済的な事情で、すぐに実行に移せない場合もあるかと思います。その場合、近くにある大き目の公園にでかけるのもいいでしょう。庭やベランダで植物を育てる、土いじりをしてみるのも効果的です。観葉植物や切り花などを部屋に飾るだけでも、自然の一端に触れることができます。知恵と工夫で暮らしに自然を取り入れることは可能です。そして、自然の豊かな場所に行けたときは、最初に太陽を浴びて深呼吸すること。はじめにゆっくりと深呼吸することで、すみやかに自然や宇宙の波長と自分の意識をチューニングでき、パワーの吸収や癒しを得ることが効率的になるからです。まずは深呼吸。あなたもぜひ実践してみてくださいね。