天紫苑先生監修 開運講座GOOD FORTUNE

これは霊障かもしれない、と思ったときの対処法

これは霊障かもしれない、と思ったときの対処法

毎日の生活の中で、何か変わったことはありませんか? もちろん、体調不良やストレスなど心身の健康が害されることがありますが、それ以外にも不調の原因はあります。今回は、霊障からくる不調と共に、その対処法をご紹介します。

「これは霊障かもしれない」と感じるときとは?

普段の生活の中で、「これは霊障かもしれない」と感じるときはあります。果たして霊障の可能性がある事象とはどのようなものなのでしょうか。見ていくことにしましょう。

肩こりや眠気などの体調不良

誰もがなんとなく体調が悪いときというのはあるでしょう。また、肩こり、頭痛、吐き気、腹痛、下痢、耳鳴りといった症状が出ることもあります。これらは、もしかしたら霊障の可能性もあります。

いくら寝ても眠気がとれない

霊に影響を受けると、なぜか眠気がとれなくなります。しかも、夜いくらきちんと時間をとって寝ても、ぐっすり深い眠りをとろうとしても眠気がとれないのです。このように慢性的に眠気がとれないのは霊障である可能性があります。

人間関係が悪化する

霊障の中には、友達がいつの間にか一人もいなくなったり、恋愛関係が壊れたり、夫婦が破滅し、家族がバラバラになってしまったりと、自分を取り巻く人間関係がことごとく破壊されてしまうことがあります。これも霊障の一つである可能性があるのです。

精神が自分で制御できなくなる

自分で自分をコントロールできなくなるというのは、常人であればよくわからない感覚かもしれません。しかし、霊にとり憑かれると、何の理由もなく、急に落ち込んだり、ヒステリーを起こしたり、怒り狂ったりします。自分で感情や精神を制御できなくなるため、周囲の人は「何が起きたの?」と驚くばかりです。

やる気が出ない

感情が活性化する人もいれば、無気力になり、何もする気が起きなくなる人もいます。これは例の種類によっても変わってくるものです。人を苦しめる悪霊などたちの悪い霊たちは、やる気や希望を失わせたり、人を苦しめたりするのが大好きです。時に、自殺したいと思わせる悪い霊もいます。

事故りやすくなる

悪霊にとり憑かれると、事故を起こされることがあります。特に飲酒運転やよそ見運転などはしていないのに、なぜか不注意で車の運転中に、事故ってしまうというのはよくあるお話です。そうして危険な目に遭うことが多い場合、霊障の可能性もあります。

いつもお金に困っている

特にお金を浪費しているわけではないのに、なぜかお金がたまらないということがあります。普通は考えられないことですが、いつも入ってくるお金も少なく、出ていくお金がなぜか大きくなるといった悪い現象が起きることがあります。これも霊障であるかもしれません。

霊障への対処法と考え方

主な霊障をご紹介してきましたが、どのような方法でそれぞれの霊障への対処ができるのでしょうか。対処法と共に、考え方をみていきましょう。

除霊してもらう

よく専門の除霊のできる人に、除霊や浄霊をしてもらう方法があります。除霊とは文字通り悪霊や怨霊といった悪い霊を取り除いてもらう方法で、浄霊は霊を浄化する方法です。浄霊は、その取り付いている霊の悪い部分を浄化することです。そして、この世に未練をなくすことで、あの世に送り返すことができる場合もあります。こうして専門家に任せるのも一つの方法といえます。

いつも楽しい気持ちでいること

大切なのは、いつも楽しい、笑いにあふれた毎日を送ることです。これにより、かなり悪霊や怨霊を遠ざけることができます。こうした悪い霊たちは、人の不幸が大好きなのです。ですから、冗談でなく、大げさにとにかく笑って暮らしてください。笑うなんてできないと思う方は、お笑いの番組を見るというのでも、かまいません。最初はカラ笑いでもかまいません。とにかく笑うのです。そして楽しい気持ちでいることが大切です。

感謝の気持ちを持つ

先にもお伝えしたとおり、悪い霊はネガティブな人が大好きです。その悪い考えを避けるためにも、何事にも「ありがとう」という気持ちが重要になります。なぜ感謝の気持ちが重要なのでしょうか? それは、感謝の気持ちこそが、幸せの象徴だからです。ありがたいという気持ちは、非常に恵まれていることを表しています。幸せな人に対しては、霊は興味がないので、自然と遠ざけることが可能です。

ホラーやミステリーなどの映画やドラマ、番組は見ないこと

よく、ホラー映画やドラマ、心霊特集の番組が組まれて、心霊のことについて大きく取り上げられることがあります。このようなものは、とにかく人々の恐怖を呼び起こして、引き寄せるために構成されます。しかし、その恐怖の心は、悪霊や怨霊たちをかえって喜ばせてしまいます。なぜなら、人を怖がらせるのが大好きなのが霊だからです。

特にこの世に怨念のある霊は、人を落とし入れるのをよしとしていますから、その恨みを晴らすために人をわざと怖がらせることをします。それをわざわざ誘発させるような映画やドラマ、テレビ番組を見るのは危険です。特に霊障を感じている方は、こういったものは極力避けるようにしましょう。

心霊スポットには行かない

心霊スポットと呼ばれている場所には、確かに霊が多く集まっています。ですから、そうしたところに霊がたくさんいるのではないかという好奇心とホラー映画を観るようなこわいもの見たさで活動していると、ますます悪い霊が面白がって寄ってきてしまう可能性もあるのです。つまり、そうした好奇心があなたにさらなる霊障をもたらす霊を呼び込んでしまう可能性もあるのです。ですから、霊障らしき現象を感じているのであれば、絶対に心霊スポットに出かけるのは避けるようにしてください。

部屋を清潔にして整理整頓する

埃まみれの部屋や、カビやゴミなどが蔓延している部屋には十分注意が必要です。なぜなら、そうした不潔な環境を放置していると、悪いマイナスのエネルギーが蔓延してしまうためです。ただ不潔で衛生面が悪いと言う理由で病気になりやすいこともあります。しかし、それ以上に、もっとエネルギーに気を使ってください。霊はエネルギー体なのです。掃除をしっかりして、常に清潔な環境で暮らすようにしてください。そして整理整頓をしてください。毎日が楽しく、健やかに生活できるポジティブな状態になって初めて、霊障を起こすような悪い霊たちは遠ざかっていくでしょう。

自分の身体も清潔にする

清潔にするといいのは、自分の身体も同様です。部屋だけでなく、自分自身の身体も毎日お風呂に入って、身を清めましょう。特に髪の毛が長い女性は、髪の毛に念がつきやすい性質上、しっかりと洗う必要があります。霊障に悩まされている人や、霊が実際に憑りついている人は、なぜかお風呂嫌いな方が多いのです。これは、不潔である時間が長いことから、悪い霊が好んで住み着きやすいということもあります。反対に、清潔な人は、そういう霊が嫌いますので、とり憑くことはないでしょう。


霊障は、意外とちょっとした体調不良などにも表れてくるものです。今回ご紹介した対処法は一部にすぎませんが、すべて実践してみて、霊障が収まるか変化を確かめてみてください。もし何も変化が起きなければ、優れた霊能者に相談してみるのをおすすめします。