霊能者エッセイESSAY

月の華(つきのはな)先生ヒーリングとは何か

電話占いの占術の一つに「ヒーリング」というものがあります。実際に鑑定をしていると、ご相談者様から「そもそもヒーリングとは何ですか?」「実際にどのようなことを行うのですか?」というご質問をいただくこともございます。そこで、今回はこの場をお借りしてヒーリングとは何かについてお話いたします。

人の持つエネルギーを調整する治療法

ヒーリングの歴史は古く、今より医術が発展していなかった時代に、人々の病気や不調を解消するため用いられた霊的な治療方法です。医療技術が発展した現代においては、身体の病気を治すというよりも、心の不調を改善させるための治療法として使われることが多くなりました。
ヒーリングは、人が持つエネルギーに着目します。そのエネルギーとは、基本的には「チャクラ(身体の中心に7つある霊的中枢)」と、「オーラ(私たちの周りを取り囲むエネルギー体)」の2種類です。身体に不調があったり深刻な悩みを抱えていると、チャクラやオーラに異常が表れます。そういった時に、このいずれかを直接的、あるいは遠隔で調整することが、ヒーリングの治療法になります。

オーラを調整することによるヒーリング

私の場合は、オーラを調整することでヒーリングを施します。電話占いのようにご相談者様と離れた場所にいる場合でも、遠隔にて占術を行うことが可能です。まずはご相談者様のオーラを遠隔にて霊視し、オーラの乱れ具合や現在どのような悩みを抱えてらっしゃるかをお調べいたします。そして、ご相談者様が持つ魂の波動にチャンネルを合わせるようにして、私のエネルギーをお送りします。ヒーリングは、術者のエネルギーとご相談者様のエネルギーの質や相性によって、その効果が半減してしまう場合もありますから、この“チャンネル合わせ”がとても重要になります。最後に、私のエネルギーをお送りしたことによって、ご相談者様のオーラが正常な状態に、あるいはさらにパワーアップしているかを確認して、鑑定は終了です。

オーラは目に見えないものですから、鑑定直後はヒーリングの効果を実感できないかもしれません。しかしオーラを正常な状態に戻すことで、確実に幸運を呼び込める体質へと変化しています。日々過ごすうちに、徐々にその効果を実感できることでしょう。お悩みを抱えていらっしゃる方はもちろん、漠然と人生に不安を感じている方も、まずはお気軽にご相談くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。