鑑定体験談EXPERIENCE

一人の女として愛される秘訣を文哉霊能者に教えていただきました。おかげでこんな私にも春が…

榎本愛香さん 31歳 茨城県水戸市

結婚

30歳過ぎても良い出会いがなく、不本意のまま独身を通してきました。肩身の狭い思いをすることも増えていたのですが、世間体を気にするタイプの私としてはかえってそのことが面白くなく、居直ったような感じで自己アピールを続けていました。私って性格はけっこう女らしいのに、色黒で背が高く痩せ型で外見は男っぽいタイプなんですよね。開き直ってショートヘアとパンツルックで身を固め、男装の麗人(?)を目指していたものですから、余計にモテなくなりました(苦笑)。

こういうファッションって同性には受けるのですが、男性にはまるでウケないんですよね。続々と結婚していく友人たちから「愛香はそのままでいいよ。兄貴っぷりがカッコいいし、一緒にいると自慢できる」なんて、慰めともつかない言葉を掛けられては「はぁ~」と深いため息をついていました。30歳過ぎると合コンの誘いも激減。たまにお呼びがかかっても「みんなに気を使って笑わせて、引き立てるだけの役割」とわかっていたので、速攻で断っていました。

そんなある日、結婚したばかりの友人から紫苑のサイトを紹介されました。彼女曰く、「自分が結婚できたのは、本物の霊能者の文哉先生という人のおかげ」だと言うのです。「えー、そんなのに頼るのはイヤだよ…」と言い返すと、「結婚までいくかどうかは別として色々と役に立つアドバイスをしてくれるから、話だけでも聞いてもらったら?」と言うので、まあテレビの人生相談みたいな軽い気持ちで電話してみたのです。

私のことを一通り霊視した後に先生がおっしゃるには「貴女が男っぽく見えてしまうのは、自分の女性性を否定しているからです。虚勢を張るのを止めて自分の中にあるたおやかな女性の部分を表に出せば、すぐに男性からの求愛がありますよ」とのことでした。この指摘にはびっくりしました。私は文哉霊能者に自分がどういう外見で性格はどうかなんて、全然話をしていなかったからです。本物の霊能者に違いないと納得しました。

的中の連続に目を丸くする私をよそに、文哉霊能者はさらに言葉を続けられて「じつは外見をわざと男っぽくしてしまうのには霊的な理由があるのです。貴女は前世で自分の生まれ育った平和な村を兵士に占領され、その時にレイプされた挙句に殺されてしまった経験があり、そのときの恐怖が現世に持ち越されているのです」とおっしゃいました。このお話はさすがに衝撃的でした。そういえば思い当たることがあるのです。これまで私は結婚したいと願いながらも、どこかで男性を怖がり、「男のふりをしていれば、理不尽な思いをすることもない」という強迫観念のような感情に支配されていたからです。それがまさか前世の記憶に起因するものだったとは…。

この霊視鑑定以来、ライフスタイルをがらりと変えました。今まで「女らしいのはイヤ」だと避けてきたファッションやヘアスタイルなどを取り入れ、本当に好きだった服装とアクセを選んで身に着けるようになったのです。すると言葉遣いも自然に変わってきました。「~だろ」「~かよ」と男のようだった話し癖もピタリと止まりました。相変わらず合コンなどの誘いは少なかったのですが、誘われれば積極的に行くようにもなりました。 そして2ヶ月後の今、ようやく春の予感を感じています。

合コンで出会った大手メーカー勤務の男性から、今度の週末にドライブへ行こうと誘われたのです。その人、こんな素敵な男性がどうして今まで独身だったの!?と思うような、長身のイケメンです!本人が言うには「男性だけの職場で仕事ばかりしてきたせいで出会いがなかった」って。なんだか掘り出し物を見つけたようなラッキーな気分です!あの時に文哉霊能者と話す機会を持たなかったら、今の自分はなかったと思います。生きているのがとても楽しいです。私、女としての喜びを生まれて初めて噛み締めています!先生、ありがとう!