鑑定体験談EXPERIENCE

店の間取りや内装の様子まで見てきたように指摘され、とても驚きました!これが本物の霊能者なのですね!

武田悦子さん 38歳 石川県金沢市

経営の問題

この不況のあおりで主人がやっている飲食店の経営が危なくなって、龍伽霊能者にこの先どうなるのか、どうしたらよいのかを霊視鑑定していただきました。電話するきっかけとなった雑誌の“本物の霊能者特集”では、不倫問題のエキスパートとして紹介されていたので、こういう悩みは分野違いでは?と迷いましたが、とにかく的中率も霊能力も桁外れということでしたので、思い切って龍伽霊能者を指名させていただいたのです。

主人は20歳から飲み屋で働き、いつかは自分の店が持ちたいと思うようになって、ついに30の時に自分の店を持ちました。とにかく生真面目で働き者で、俗に言う「信念の人」です。そういうところは夫として、また子供の父親としてはとても頼もしいのですが、店の経営に関わるシビアな部分では彼の頑固さと真面目さが裏目に出て、どうしても物事がうまく運ばないというジレンマに陥っているようでした。

霊視鑑定の際にはこちらが状況を説明する前から、店の状態はもちろん主人の性格まで的確に指摘され、ああ、やはりこの方は本物の霊能者なのだとしみじみ感動してしまいました。

「他人からあれこれと言われて、その通りに聞く人ではないですね。まして霊能者からアドバイスされたなどと言ったら、反発が大きいと思いますから、これからおっしゃることはご主人には内緒で奥様が実行してください」と前置きされ、いくつかのアドバイスを受けました。そのひとつは、開店前に盛り塩を置くことです。

以前から入り口には置いていたのですが、裏口の特定の場所にも置くようにと言われ、その通りに実行しました。あとは主人に気づかれないように、店内の飾り物の位置を微妙に変えることと、特定の常連客への声かけでした。

龍伽霊能者のお話では、繁盛する店というのは必ずその店に福を授けるキーパーソン的なお客様がいる、とのことです。そうした良い客筋というのは、本人たちが自覚しないまま、知らないうちにその場の霊波動の質を変えてくれるので、さらに良い客筋を広げてくれる効果があるとのこと。

私が思い当たるお客様の名をポツポツと挙げていくと、龍伽霊能者はすぐに「この人はOK、この人はダメです」と選んでくださいました。不思議なことに先生に選ばれたお客様たちは皆、店の経営が苦しくなったのと時を同じくして、足が遠のいている人ばかりでした。

「今、私が選んだお客さんたちに、機会を選んで声をかけるようにしてください。同時進行で店の場の霊気を高める波動をお送りしますので、きっとそのお客さんたちももう一度足を運んでくれるようになるはずです」龍伽霊能者のそのお言葉を頼りに、次の日から時候の挨拶という形を借りてリストアップしたお客様たちに葉書を送り続けたところ、数週間ほどでその人たちが店に顔を出してくれるようになり、それと同時に売り上げも伸び始めました。

現在、主人の店は開店当時の勢いを完全に取り戻しつつあります。呼び戻したお客様の中には地元の信用金庫に勤めている方もいて、その方の口利きで新たな融資を受けられることにもなりました。これが正式に通れば自転車操業から完全に脱却して、店の仕入れなどにもさらに余裕ができます。

今回のことではお世話になりました。折を見ましてきちんと主人にも話し、彼からもお礼を申し上げるようにさせます。本当にありがとうございました。