鑑定体験談EXPERIENCE

運命の相手は霊能者に決めてもらう…。そういう恋愛のやり方もアリだと思います!

田中洋子さん 30歳 千葉県船橋市

運命の相手

十代の頃から占いやスピリチュアル的な世界が好きで、人生の節目でなにか決めなければならないときも、手相やタロット、西洋占星術などで自分の運勢を見てきました。でも電話占い紫苑の存在を知ってからは、もっぱら霊能者の先生のアドバイスに頼るようになりました。

私自身は霊感の類はまるでないのですが、どうしても目に見えない神秘的な世界に惹かれる傾向が強いみたいで、とくに悩みがないときでも現在の運気や前世のお話を聞くためにたびたびお電話させていただいています。

そんな私の今のお気に入りは何と言っても紫香霊能者です。紫香霊能者に初めて鑑定のお電話をしたのは、当時付き合っていた彼と、このまま結婚してもよいかと悩んでいたときでした。紫香霊能者はその人のことを詳しく霊視してくださって、最終的には「おすすめできない」と断言されました。

「酷なことを言うようですが、彼と結婚しても幸せにはなれません。この人物には貴女がまだ気づいていない二面性があるようです。もし結婚すると暴力に悩まされますよ」結局、紫香先生のこの言葉を信じ、その男性とは結婚しませんでした。しばらくして、私と別れた彼が新しい恋人との間に暴力沙汰を起こし、警察に捕まったという話を人づてに聞きました。

その後も好きな人が現れるたびに、紫香霊能者にお伺いを立てましたが、残念なことについ最近までOKが出た人は一人もいませんでした。自分はよほど男運が悪いのか、これまで5人の男性とお付き合いしながら、そこに運命の人は入っていなかったのです。でも、ほんの3日ほど前に6度目の正直(そんな言葉はないですが…)で見ていただいた男性には、初めて紫香霊能者からのお墨付きが出ました!

その人、友人の紹介で会った2つ年下のサラリーマンなのですが、初回のデートからとても気が合って、一晩中話し続けていたいくらい楽しい人でした。紫香霊能者のお話だと、今まで私が合ったなかで一番縁が深い人、つまり「これぞ運命の相手」と言ってもいいくらいの男性だそうです!「その人が今までの彼氏とは違うことは、貴女自身も気づいているのじゃないかしら?それってこれまでの貴女の男性の好みとは全然違うタイプの人でしょう?」まさに紫香霊能者の言葉通りでした。

それまで私が付き合った男性というのは、みんな男らしいスポーツマンタイプだったのですが、今の彼はどちらと言えば物静かな感じで仕事も出版関係のとても知的な人です。「私の鑑定経験ではよくあることなんだけど、性的な魅力や外見の好みから入る恋愛って、じつは赤い糸の相手ではないことが多いの。むしろ初対面のときは男として眼中に入らなかった、なんて人の方が深い縁で結ばれている可能性が高いかも…」赤い糸の相手というのは魂の次元で惹かれ合う関係なので、それを現実の世界で確認するには相手のルックスやステータスよりも「フィーリングが合うかどうか」を基準にするのが一番良い方法だそうです。

私と彼に当てはめてみると、たとえば私が言おうとした言葉を先に彼が口に出したり…。もちろん、その逆のことなどもよくあります。実際に経験してみて分かったんですが、そういう関係ってものすごく気持ちがいいんです!

彼との間で「結婚」という言葉が出るようになったら、またすぐにお電話したいと思っています。私ももう30代に突入してしまったので、あまりうかうかもしていられませんし、紫香霊能者が太鼓判を押してくれた相手ですから、安心して彼の胸に飛び込めます。

結婚相手の決め手というのは人によって様々です。でも、どんなに選び抜いた相手でも離婚することはあるわけですから、それならいっそのこと霊能者のご宣託に従うのもアリかなって思います。