鑑定体験談EXPERIENCE

亡き夫が結んでくれた新しい幸福の縁…それを仲介してくださったのが生駒先生でした

金山みどりさん 39歳 愛知県名古屋市

幸福の縁

生駒霊能者とお電話で話したのは2年前のことです。当時、夫と死別して生活の苦しかった私たち親子を明るく照らして導いて下さったのが生駒霊能者でした。

生駒霊能者は電話に出るなり、亡夫の女性関係で私がさんざん苦しんだことや現在、残された借金で苦しんでいることなどをズバズバと当てられました。「あなた方、親子の苦境はよくわかる」と言って下さり、「ご主人も頭を下げて謝っていますよ」と、わざわざ霊界いる夫を降ろして、私と会話をさせてくださいました。先生の霊能力のおかげで、まるで生前の夫と話しているようで、涙がとめどなくこぼれ、気がつけば思いっきり泣いていました。

最期は看取れたものの、別れの言葉を交わすことができなかったことや、あまりの急な死だったために、これまでの感謝の気持ちや愛している気持ちを言葉に言い表せずにいたこと、普段からもっと話をしておけばよかったという後悔の念にさいなまれていることなど、生駒霊能者を通じて夫の本心が分かるにつれて、苦労はかけられたけど夫は彼なりに私を愛していたのだということを、あらためて知ることができました。

最後に「せめてもの恩返しがしたいと旦那さんがおっしゃっています」と言われたときは、どういう意味なのかよく分かりませんでしたが、降霊鑑定が終わった後は、不思議なくらいに気持ちが晴れ晴れとしました。知らず知らずのうちに、子供たちの手前、思いっきり泣くことを我慢してきた私の気持ちを生駒霊能者は分かって下さいましたし、そのことだけでも私は救われたと感じました。

あれから2年、霊界の夫が言っていた「恩返し」という言葉の真意がようやく分かりました。知人のツテで勤めた会社の社長からプロポーズを受け、来月、入籍することが決まったのです。その人も私同様につれあいを亡くしており、その共通点が共感に変わり、さらに恋愛感情へと変化していきました。彼は私の子供たちを我が子のように可愛がってくれますし、まだ半分以上残っている夫の借金も全て肩代わりすると申し出てくれています。

四十近くなって子持ちの寡婦となった身としては、まず考えられないくらいの幸運だと思います。この出会いの縁を授けてくれたのが、亡き夫の霊であることは間違いないと思っています。ただし、生駒霊能者という存在がなければ、彼は私たちに手を差し伸べたくてもそうすることができなかったでしょう。それを思うと胸が熱くなります。先生、本当にありがとうございました。