鑑定体験談EXPERIENCE

片想いの相手はバリバリのコスプレイヤーでした。飛龍霊能者に「相手の胸中へ飛び込め!」と言われて…

片岡玲菜さん 26歳 神奈川県横浜市

相手の胸中へ

「すごく的中するから驚くよ」、そんな風に電話占い紫苑のことを親しい友人から教えられていたのですが、太鼓判を押してくれた彼女に対して「電話で鑑定?本当に大丈夫?」としつこいほど聞き返してしまいました。

以前、その友人のお母さんが電話占い紫苑の霊能者に霊視してもらい、近所付き合いの悩みが見事に解決したそうで、「騙されたと思ってかけてみなよ、絶対に大丈夫だからさ」と自分の携帯まで押しつけて言うので、さすがに断ることができずダイアルプッシュしました。折り返し霊能者の方から家電に連絡が来て、その方は「飛龍です」と名乗られました。

聞こえてきたのが男性の声だったので、「ゲッ、女の人じゃないの?」と唸ってしまいました。あのときは本当に失礼しました。ただ、恥ずかしい恋愛の悩みを男性に相談する羽目になるとは思ってもいなかったのです。でも実際に飛龍霊能者の声を聞き続けていたら、なんだか妙に気分が落ち着いてきて、声自体にヒーリング効果があるというか、とても不思議な感覚に陥りました。

当時の私が悩んでいたのは職場恋愛のことです。好きになった相手は同じ課の同期入社の男の子で、どうしたら彼の気を惹けるのか、相思相愛になる可能性はあるのかなど、頭の中でずっと独り相撲を繰り返していました。一番のネックは彼の女性関係でした。

隣の課に私より1年先輩の女の子が勤めているのですが、その子と彼が社員食堂で仲良さげに話している様子を一度ならず目撃していました。いったい2人の関係はどうなっているのか、事情通の同僚にそれとなく訊ねたものの有益な情報は何も引き出せなくて、思い余って霊能者に見てもらおうと考えたのです。

霊視によれば彼とその女性はただの気が合う友達同士の関係で、今のところそれ以上のことは起きていないとのことでした。ただ今後、私が手をこまねいたままでいれば、恋人関係に進展する可能性は少なからずあると忠告されました。「この男性と隣の課の女性には共通の趣味があるんですよ。それで知り合いになったみたいですね」と飛龍霊能者は落ち着いた声で言われました。

「その趣味とは何ですか?」とさらに訊ねたら、「ええと、あれ何て言うのかな…。そうだ、じつは2人ともコスプレイヤーなんです」という驚くべき答えが…。たしかにオタクの気があるということは以前から気がついていました。デスク間の仕切りで見えにくくなっているけどPCのスクリーンセーバーはアニメ動画だし、彼の机の引き出しにスターウォーズのフィギュアが隠されているのも私は密かに知っていました。でもそこまでディープなオタクだったということは、初めて聞く衝撃の事実でした。

「虎穴に入らずんば虎児を得ず、です」という意味深な飛龍霊能者のアドバイスに従い、毎回コミケに参加している腐女子系の知り合いのツテを得て、私は生まれて初めてその会場へ出かけました。そして会場内を汗だくで回っていると、やがて見慣れた顔を見つけたのです。ゲームキャラのコスプレに身をやつした彼でした。

こちらから声をかけたときはさすがに面食らっていましたが、私も同好の士であると認識されたようで、以後は会社でも急激に接近し、お互いの部屋を行き来して泊まる仲にまで深まりました。最初のうちはにわか仕込みのオタク知識がバレないかと冷や冷やしていましたが、腐女子の知り合いのサポートもあって、何とか現在に至っています。この前は彼の新しいコスプレ着の裁縫までしてあげました(笑)。

彼の趣味がどうであろうと私はまるで気になりません。あの人の優しさと知的な性格が大好きなので、できれば結婚したいと思っています。愛されているという実感もありますし、飛龍霊能者も「十分結婚に至る、強い絆があります」と言ってくださっていますから、もう鬼に金棒です!

以前の私のように片想いで悩んでいる方は、思い切って相手の価値観に染まってしまうのも恋の望みを叶えるための一手だと思います。私はそのことを、飛龍霊能者に教えていただきました。