鑑定体験談EXPERIENCE

離別した夫ともう一度やり直すチャンスを、衣織霊能者の霊能力で作りだしていだたきました。

相沢香奈枝さん 28歳 群馬県高崎市

復縁

電話占いの紫苑のことは、女性雑誌の特集記事で知りました。最初は霊視なんて当たるわけがないと思っていましたが、その後、親しい友人が電話占い紫苑の霊視鑑定を受け、恋愛の悩みを解決してもらったことを知りました。その話を本人から聞くうちに、もし本当にスピリチュアルなパワーで悩みが解決するなら、それこそ素晴らしいことかもしれない…と思えるようになりました。

私が鑑定を受けたのは、衣織霊能者です。衣織霊能者は開口一番、「復縁のお悩みですね」とこちらの相談内容をズバリと言い当てられました。この瞬間からもう私の心は衣織霊能者に釘付けとなってしまったのです。

実は私はバツイチで離婚してもう2年になります。前の夫が嫌いで別れたわけではなく、離婚の原因は夫の母にありました。結婚してすぐ向こうの両親と同居を始めたのですが、性格の違いから姑と上手くいかず、毎日毎日、朝が来なければ良いのにと思うくらい落ち込んでいました。都会育ちの私に対する姑の言動はただでさえ冷たく、同居している出戻りの義姉も加わっていっそう冷たく当たってきました。肝腎の夫は夜勤の多い仕事で、庇ってもらおうにもその場にいないことが多く、独りで悔し涙を流すこともしばしばでした。

とにかくもう最悪な状態でした。群馬はまだまだ田舎で、嫁に行ったらその嫁はまず子供を生み、後は家を支えるために家事をするという考え方なので、姑の親戚や近所からも「あんたんとこの嫁はまだ子供はできないのか」などと言われ、そのたびに嫌味をぶつけられました…。このような過去の愚痴ともつかぬことを延々と話し続ける私に対して、衣織霊能者は最後まで穏やかに、優しく応対してくださいました。

「それで結局、貴女はまだご主人のことは愛していらっしゃると言うのですね?」、「はい。もう一度、彼とやり直して今度は二人だけで生活したいと思っています」私の決意を確かめた後、衣織霊能者は現在の夫の心を霊視し始めました。それによれば彼は私との離婚直後、姑と激しい喧嘩を繰り広げたそうです。

そして今も同居は続けているものの、お互いにまったく口を利かない状態になっており、さらに出戻りの義姉が内縁関係の男性を家に引き入れて跡取りにしよう考え始めたことから、次第に居場所がなくなりつつあるとのことでした。「ご主人はとても真面目で責任感が強い方なので、これまでは年老いたご両親の面倒を見なくてはいけないという義務感で家に残っていたのですが、もうその思いも消えてしまったようですね。

今、彼と連絡を取れば、きっと貴女とやり直してくれると思いますよ」そんな先生のアドバイスに従い、翌日、さっそく夫に電話をしました。彼を取り巻く状況はまさに衣織霊能者が霊視された通りでした。「東京に出てもう一度、一緒にやり直そうよ」と私が持ちかけると「そうだな」と静かに笑ってくれました。

彼と私は来月、東京へ引っ越します。あちらには私の姉夫婦が住んでおり、夫は義兄が経営する工務店で働かせてもらうことが決まりました。もう一度、愛する人と二人だけでやり直すことができる…今、私の胸はその喜びに満ち溢れています。

本物の霊能者の助けを借りることができれば、このような奇跡も起きることがあるのですね。衣織霊能者を信じてよかった。お世話になりました!