鑑定体験談EXPERIENCE

飛龍霊能者の鑑定を受け、赤い糸とは何かを知ることができました。この復縁が一生の幸せとなるよう努力いたします。

棚橋穂波さん 34歳 千葉県千葉市

復縁

現在の夫とは大学のサークルで知り合いました。それまでも男性と付き合ったことはありましたが、その中でも最高と思える相手でした。彼は本当に私を愛してくれて、おかげでとても幸せな大学時代を過ごすことができました。手をつないで学校に行き、授業も一緒に出て、サークル活動まで一緒…。毎晩デートして映画を一緒に見たり、お酒を一緒に飲んだり、いつも私たちは一心同体でした。やがて自然な流れで同棲するようになり、当時の友人たちはみな、いずれ私たちが結婚するものだと思っていたようです。

ところが彼が卒業してから状況が一変しました。彼は就職した先の会社で出会った、同僚女性を好きになってしまったのです。やがて私に嘘をつくようになり、最後は飽きたおもちゃを放り投げるような、ひどい態度を取るようになりました。いっときは「死ぬまで一緒だ」と言っていた相手に対して何故そんな酷いことができるのか、私は理解に苦しみました。彼は私の全てでした。でも、もうどうしようもない…。私が愛した、また私を愛してくれた彼はもうこの世のどこにもいないのだと、諦めるしかありませんでした。薔薇色だった毎日が一転して灰色の世界に変わりました。

「男なんて二度と信じるものか」と自らに言い聞かせ、気持ちを完全に切り替えて、私は仕事のスキルを磨くようになりました。

でもいくら仕事ができるようになっても、女一人というのはやはり寂しいものです。年齢を経るにつれ飲み仲間の独身者もどんどん減っていき、何だか乾いた砂漠の中を一人ぼっちで歩いているような気分でした。

そんなとき、ネットで紫苑のホーページを目にしたのです。たまには占いでもしてもらうかと遊び半分で電話してみました…。そして私を鑑定してくださった飛龍霊能者に聞かされたのは「貴女は大学時代に交際していた恋人と復縁する運命にあります。今からその日に備えておくと良いでしょう」という信じられない言葉でした。「まさか!ふざけないでよ!」電話を切った後、震えながらそうつぶやいていました。

何故なら、彼はしばらく東京の会社に勤めた後、北陸の実家へ戻ってしまったからです。父親が経営する会社を継いで、若社長におさまったという話を人づてに聞いた覚えがあります。当然もう結婚もしているでしょうし、何よりも自分を裏切った相手との復縁などまっぴらだと思いました。 しかし、飛龍先生からのアドバイスも忘れかけた頃、大学時代の友人の結婚式で私はあの彼と再会してしまったのです…。

聞けば、仕事でしょっちゅう東京に出てきているとのことでした。長い時間が経過したおかげか実際に会ってみると怒りの感情もさほど湧かず、その後は別れた時の事を水に流し、友人同士として会うようになりました。

彼が東京に来た際には一緒にお酒を飲んで馬鹿話をしました。そんな少し切ないような、サバサバしたような関係を続けていたある日のこと、街を歩いていた私たちは大学時代にいつも一緒に来ていたバーを見つけたのです。「まだあるんだね」、「懐かしい~」などと言い合いながら、その店へ入ってみることにしました。

やがて当時のお気に入りだったカクテルを飲みながら、ふと彼が言いました。「あれからいろんな人と付き合ってみたけど、やっぱりお前しかいないと思っている」と…。「またまた~!」とお茶を濁しながら彼の目を見ると、その眼光は真剣でした…。

その晩、再び飛龍霊能者の鑑定を受けました。「彼は本当にヨリを戻したがっているのでしょうか?」とお訊ねすると、「前世からの縁です。たとえ神様であろうと、この縁を断つことはできないでしょう…。貴女と彼はそれほど強いご縁で結ばれているカップルなのです。この前は私が申し上げたことを信じていただけませんでしたが、今はもう貴女も十分に理解されているのではないですか?」と物静かな口調でおっしゃいました。

今、私は彼の妻となって、その一族経営の会社の役員も務めています。あの日、飛龍霊能者に言われた言葉は心の拠り所となっていますが、彼が浮気をしたらもう二度と許す気はありません。これだけはマジです(笑)。役員報酬も自分名義の口座にしっかり貯め、浮気をしたら即離婚してやるつもりです。

何はともあれ、飛龍霊能者には心から感謝しております。ありがとうございました。