電話占い紫苑

自動受付電話番号:03-5396-8333

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 紫苑's Cafe > 霊能者が教える!運命の人を見つけるコツ

紫苑's Cafe

霊能者が教える!運命の人を見つけるコツ

霊能者は、運命の人を引き寄せることもできます。その霊能力を使えば、実施に電話占いや対面占いで、運命の相手を引き寄せて、付き合ったり、結婚させたりすることもできます。そして、そういう引き寄せられてくる相手というのは、いわゆる運命の赤い糸で結ばれている人といえるのです。
そこで今回は、その運命の人を、自分で日常的な行動を生活の中で実施することで、どのように運命の人を引き寄せられるかというノウハウをご紹介していきます。

運命の人を引き寄せたい!運命の人ってどんな人なの?

霊能者に霊感占いなどを依頼するときに、よく「運命の人はどんな人ですか?」「いつ頃出逢うことができますか?」なとど質問する方がいます。確かに、運命の人に会いたいというのはみなさん共通の願いでしょう。しかし、そもそも運命の人とはどのような人なのでしょうか。

運命の人とは、霊的にいえば、この世に生を受けて、自分自身とある意味「似ている」人のことをいいます。似ているというと、双子やツインソウルといったことをイメージするかもしれません。しかし、似ているとはそうとも限らないのです。

例えば、こう表現すると分かりやすいかもしれません。自分となぜか育った境遇が似ているとか、価値観が似ているとか、行動や考え方が似ているなどです。また、性格はまったく違っても、どこかかみ合う、まるで勾玉のように、陰と陽が交わるようにぴったりはまるという場合もあります。

このように、運命の相手に出逢うと、物理的には理解できない、何か共通点を感じるでしょう。気の合う人は周りにたくさんいるかもしれませんが、もっと運命の人とは、根本的につながっている人のことを指します。

運命の人と赤い糸で結ばれているって本当?

よく、運命の人とは赤い糸で結ばれているといわれますが、本当に結ばれていることがあります。もちろん、物理的に、糸でつながっているわけではありません。霊的な世界ではそのように糸でつながっているイメージとして見えることがあるということです。

赤い糸とは限りません。キラキラ輝いて見える糸もあります。見え方は霊能者によっても変わってくることです。そもそも、人と人との縁は、霊的に見ると、まるで胎児がへその緒でお母さんとつながれているかのように、糸のようなものに見えることがあります。その糸が太く、しっかりしているのであれば、良くも悪くも縁があると言っていいでしょう。そして「この相手は運命の人かもしれない」と感じる場合、その糸が太いだけでなく、とてもキラキラ光っていて、輝いているというケースです。こうなると、「運命」と呼んでもおかしくないのかもしれません。

運命の人が現れる前兆があるって本当?

運命の人が現れる、そのときを待っている方は多いでしょう。果たして前兆というのはあるのでしょうか。実際、運命の人に出逢うときというのは、とてもドラマチックなときです。いってみれば、あなたの人生が一変するときといえます。よくあるのが、あなたがとてつもなく大きな壁を乗り越えたときなどです。それは、あなたにとって人生における一番大きな山場だったのかもしれません。しかし、ある意味、それはあなたにとって試練で、息も絶え絶え、死に物狂いで乗り越えたことかもしれません。たいていの人はそれを乗り越えています。人それぞれ課題は違います。それを乗り越えることで、多くの人々は大きく人生を変えていきます。一皮むけたという言葉もありますが、実際、一皮むけます。そして、本来持っている自分の魅力に気づくのです。その本来のあなた自身の魅力を存分に受け止めてくれるのが、運命の人です。ですから、運命の人が現れる前兆の一つとして、「大きな困難を乗り越えた後」というのは間違いではないでしょう。ただし、必ず運命の人に出逢えるかと言えばそうとも限らないので注意してください。

また、何かを失ったときにも、運命の人が現れることがあります。これは、思い過ごしかもしれませんが、確かに失った後に新たなものを得られるケースは多いので、間違いではないでしょう。その人自身の心境としては、非常に大切にしていたものと永遠の別れを実感し、大きな喪失感と悲しみにとらわれているかもしれません。そのような別れを実感しているときこそ、代わりに運命の人が現れ、人生において大きな収穫を得ることもあるでしょう。

しかしもちろん、間違ってはいけないのは、今付き合っている人とわざと別れて、新たに運命の人と出逢おうとすることです。もちろん、可能性はゼロではありませんが、「別れ=運命の人と出逢える」というわけではありませんので、よく注意してください。

ハイヤーセルフと運命の人との関係は?

よく、ハイヤーセルフと運命の人との関係のお話が出てきます。これにはどんな意味合いがあるのでしょうか。ハイヤーセルフとは、文字通り、高次の自分です。しかし、また、高我、真我と呼ばれることもあります。ハイヤーセルフとつながることで、自分自身の人生をよりよく生きることができるといわれています。

例えば、あなたは今、この人生で生を受けて地上を歩いていますが、そもそもあなたの魂があります。魂には学びがあり、その試練を乗り越えるために、ハイヤーセルフは魂の次元で見守っているのです。しかしあなたがひとたび、その学びのための人生の目的を忘れると、ハイヤーセルフとはつながることはできないでしょう。また、ハイヤーセルフは、あなたそのものだけでなく、集合意識ともつながっています。ですからあなたがハイヤーセルフとつながるということは、世界ないしは宇宙とつながるということです。

ハイヤーセルフの導きにより、運命の人と出逢えることがあるといわれます。それは、出逢うべくして出逢えたといいうことが大きいでしょう。ハイヤーセルフといかにつながるか、つまり人生の目的、魂の学びに興味を持つことが、運命の人とつながる第一歩といっても過言ではありません。

運命の人を引き寄せるには?

いよいよ本題に入ります。霊的に見て、運命の人を引き寄せるにはどうすればいいのでしょうか。その答えは、一つではありません。あなたが意図的に行動しても、得られないこともあります。では、どうすればいいのでしょうか。手っ取り早いのが、霊能者に依頼して、運命の糸をたぐりよせてもらうことです。もしくは出逢う時期や場所を教えてもらうことも一つの方法です。霊能者の中には、運命の人を引き寄せる力のある人もいます。そうした人の力を借りるというわけです。まあ、霊能者の中には直接引き寄せるのではなく、守護霊などからメッセージを受けて、その助言にしたがって行動することで、運命の人と出逢えることもあります。いずれにしても、霊能者はレベルもできることも異なりますから、霊能者をよく選んで、頼るってみるといいでしょう。

運命の人は、一概に「どんな人である」とお伝えすることはむずかしいものです。人それぞれ異なるからです。その人に出逢うためには、できるだけ自分の魂に忠実に、努力を怠らず、問題に向かっていくことが一つのアドバイスとしてお伝えできることです。