電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 霊能者紹介 > 椛(もみじ)霊能者

霊能者紹介

(もみじ)霊能者

椛(もみじ)霊能者のイメージ
◆子供の頃から“見えて”いた生粋の超霊能者
予約ID
102030
占術
霊感・霊視・霊聴・予知・透視・前世・チャネリング・オーラリーディング・サイキック・守護霊・死者霊の降霊・縁結び・縁切り・除霊・浄霊・カルマ解消・過去世供養・波動修正・チャクラ・ヒーリング・スピリチュアルカウンセリング・自動書記
得意分野
得意分野:霊感を持つ両親からその能力を受け継いだことで子供の頃から霊の存在が見えており、また人の心の声をクリアな状態で聞き取っていたほどの霊能力の持ち主である椛霊能者。透視と予知を得意としており、特にその遠隔透視は驚異的なほど。相談者がこれから出逢う運命にある相手の心の声も聞き出し、いつどこで出逢うことになるかを的中させたり、あるいは出逢いを早めてすぐに恋愛を成就させることも可能にします。「今すぐ運命の相手と出逢って結婚したい」くらいの強い意思を持っている方、椛霊能者が確実に状況や相手の詳細を的中させて、願望成就へと導いてくれます。
電話鑑定日
月毎に異なる(事前にお問い合わせください)
基本鑑定料
20分7,000円(税別)/以降1分ごとに350円(税別)
メール・手紙による鑑定はいたしておりません。

鑑定の受付はこちら

自動受付:0570-005-777

一般受付:049-268-3352

お客様からの声

願望成就の祈祷がばっちり効きました!おかげで超一流企業に就職できました!

吉野絵里菜さん 23歳 千葉県八千代市

(お礼の手紙より)
私は現在、都内の某大手メーカーで総合職として勤務しています。私が卒業した大学はあまりレベルの高くない女子大で、そこから現在の会社に就職できたのは、学生課の職員に聞いたところ私が初めてのケースだそうです。本来ならウチの大学の偏差値レベルで狙えるような企業ではなく、学内の友人たちも皆一様に驚いていました。「普通なら一次面接までも行かないよ。それって奇跡じゃん!」「何か特別なコネでもあったの?」友人たちは口々にそんなことを言っていました。正直、私自身もそう思います。もちろん特別なコネなんかありませんでした。たしかに学生時代には多少の努力はしました。英会話はかなり勉強しましたし、TOEICもCランクを取得していましたが今時、就活のためにその程度の努力をする学生はざらにいます。では、どうしてそんな奇跡を起こせたのかと言うと、じつは以前から鑑定を受けていた霊能者の先生に願望成就の祈祷をしていただいたおかげなのです。
その先生の名は椛さん。最初は恋愛の悩みで相談していたのですが、私が就活を始めたことを話すと希望している企業の内定が取れるように特別な祈祷をして差し上げます」と向こうから言ってくれました。それでその言葉に甘える形で、どうせならスケールの大きなことをお願いしようと名だたる大企業の名前をいくつかを出したのですが、それを聞いた先生は「霊視してみたところ、あなたが内定の取れる可能性があるのは一社だけで、そこは△△社です」とはっきりおっしゃいました。そこが今、勤めている企業です。
そのとき私は素直に先生の言葉に従って、無事に内定を取れるようにお願いしました。ただ、まさか一流の霊能力者でもそこまでは無理だろうと感じていたので、就活の際にエントリーする予定だった五十社余りの企業の中に、宝くじでも買うような気持ちで△△社も含めました。結果はまず筆記試験が受かり、あっという間に一次面接に進んでしまいました。面接当日はすっかり上がってしまい、面接官の質問に対してどう答えたのかさえよく覚えていないくらいで、こりゃ駄目だ~という感じでした。おまけに私と同時に面接を受けていたのは国立、私立の有名大学生ばかり…。すっかり諦めムードで沈んでいたところ、なんと一週間後に二次面接の通知が来たのです!この時点でもう、椛先生の祈祷が効いているのに違いないと確信しましたので、一次のときとは逆に自信を持って落ち着いて面接に臨むことができました。たぶんあのときも、椛先生の霊能力のご加護があったのでしょう。人事部の部長や重役の前で堂々と自分の意見を述べ、意気込みとやる気も十二分にアピールすることができ、今までの自分では考えられないくらいの完璧な受け答えができました。そして、その結果は「内定通知」という形で現れました。連絡してくれた人事部の人は「じつは君を採用するに当たってはかなり意見が分かれたんだけどね、最終的に重役判断で決まったんだよ。学歴に囚われずユニークで有能な人材を入れて社内に新風を取り入れたいということでね…」などと話していました。
こうして無事に入社を果たした今、同期入社のメンツは男も女も一流大学卒ばかり。はっきり言ってプレッシャーも大きいですが、精一杯頑張っていこうと燃えています。何せ私には椛先生がついているので、今後もまめにアドバイスを受けながら一人前のビジネスウーマンになることを目指しています。