電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 霊能者紹介 > 飛龍(ひりゅう)霊能者

霊能者紹介

飛龍(ひりゅう)霊能者

飛龍(ひりゅう)霊能者のイメージ
◆ご相談者様の心の霊視・透視から導いた、最適で最高のアドバイス!
予約ID
309181
占術
霊感・縁結び・縁切り・波動修正・パワー・ヒーリング
得意分野
私自身が男性であることから、男の揺れ動く深い心情、ちょっとした動作から見える心の動きなど、貴女が知りたいどんな小さなシグナルも見落とすことはありません。すべてお答えします。そのときの状況を霊感で瞬時に視て、貴女がとるべき最良の選択をお伝え出来ます。純愛、不倫、片想いなどの恋愛問題から、職場の人間関係や転職についてもお答え致します。
電話鑑定日
月毎に異なる(事前にお問い合わせください)
基本鑑定料
20分5,000円(税別)/以降1分ごとに250円(税別)
メール・手紙による鑑定はいたしておりません。

鑑定の受付はこちら

自動受付:0570-005-777

一般受付:049-268-3352

お客様からの声

男心はやっぱり男の霊能者に訊くのが一番!

小野寺美幸さん 21歳 学生 愛知県名古屋市

(お礼の手紙より)
どうしても彼の心が知りたいと思って、受付の人に男性の霊能者に繋いでもらいました。と言うのも、七夕の日に思い切ってバイト先の片想いの店長に告白したのですが、一週間経ってもイエスともノーとも返事がないのです。彼も忙しいしと思って、私からガツガツとすることは控えていたのですが、やはりはっきりとした返事が欲しかったのです。そんなとき、ananに“的中率の高い電話占い会社”として載っていた、電話占い紫苑に電話してみました。すごく多くの霊能者の名前が載っていて、どの霊能者を選べばいいのか迷ってしまったのですが、受付の人に男性の霊能者へ繋いでもらいました。オトコゴコロを訊いてみたかったのです。どんな相談内容でも大丈夫という飛龍霊能者のひと言ひと言が、彼に対してちょっとイライラ気味だった心を解してくれました。
そして「彼も貴女に対して凄く良い感情を持っていますよ」との嬉しいコメント。でもじゃあなんで?と思っていると、それが飛龍霊能者に伝わったのか「彼に告白する前に、男友達と二人で一緒にカフェにいるところを彼が見ていますね」と言うのです。あぁ、やっぱりと思い当たりました。その男友達とは学校の実験グループが同じで、ノートを見せてもらっていただけで、別に友達のひとりという程度の人。そしてそのときふと視線を感じて店の外を見たら、告白したバイト先の店長らしき男の人の後ろ姿が見えたのでした。「それを店長が見て、貴女の告白を本気かどうか迷っているのです」と彼の心は言っているそうでした。そしてその誤解を解くための会話の切り出し方、仕種のひとつまで先生からアドバイスをもらえて霊視鑑定は終了しました。また最後に、ローズクォーツの特にネックレスを身に付けると、より一層貴女を輝かせますとのことでした。パワーストーンのアクセも幾つか持っていますが、ローズクォーツのネックレスはちょうど前に石が砕けてしまい、新しいのが欲しいと思っていたので、さっそく購入して身に付けてみました。
そして本番当日。飛龍霊能者に言われた通りのタイミング、シチュエーション、そして口調などでたちまちに彼の誤解は解け、その日のバイト帰りに一緒に食事に行き、週末の約束も取り付けて交際スタートとなりました。ありがとう、先生!

片想いの相手はバリバリのコスプレイヤーでした。
飛龍霊能者に「相手の胸中へ飛び込め!」と言われて…

片岡玲菜さん 26歳 神奈川県横浜市

(お礼の手紙より)
「すごく的中するから驚くよ」、そんな風に電話占い紫苑のことを親しい友人から教えられていたのですが、太鼓判を押してくれた彼女に対して「電話で鑑定?本当に大丈夫?」としつこいほど聞き返してしまいました。
以前、その友人のお母さんが電話占い紫苑の霊能者に霊視してもらい、近所付き合いの悩みが見事に解決したそうで、「騙されたと思ってかけてみなよ、絶対に大丈夫だからさ」と自分の携帯まで押しつけて言うので、さすがに断ることができずダイアルプッシュしました。折り返し霊能者の方から家電に連絡が来て、その方は「飛龍です」と名乗られました。
聞こえてきたのが男性の声だったので、「ゲッ、女の人じゃないの?」と唸ってしまいました。あのときは本当に失礼しました。ただ、恥ずかしい恋愛の悩みを男性に相談する羽目になるとは思ってもいなかったのです。でも実際に飛龍霊能者の声を聞き続けていたら、なんだか妙に気分が落ち着いてきて、声自体にヒーリング効果があるというか、とても不思議な感覚に陥りました。
当時の私が悩んでいたのは職場恋愛のことです。好きになった相手は同じ課の同期入社の男の子で、どうしたら彼の気を惹けるのか、相思相愛になる可能性はあるのかなど、頭の中でずっと独り相撲を繰り返していました。一番のネックは彼の女性関係でした。隣の課に私より1年先輩の女の子が勤めているのですが、その子と彼が社員食堂で仲良さげに話している様子を一度ならず目撃していました。いったい2人の関係はどうなっているのか、事情通の同僚にそれとなく訊ねたものの有益な情報は何も引き出せなくて、思い余って霊能者に見てもらおうと考えたのです。
霊視によれば彼とその女性はただの気が合う友達同士の関係で、今のところそれ以上のことは起きていないとのことでした。ただ今後、私が手をこまねいたままでいれば、恋人関係に進展する可能性は少なからずあると忠告されました。「この男性と隣の課の女性には共通の趣味があるんですよ。それで知り合いになったみたいですね」と飛龍霊能者は落ち着いた声で言われました。「その趣味とは何ですか?」とさらに訊ねたら、「ええと、あれ何て言うのかな…。そうだ、じつは2人ともコスプレイヤーなんです」という驚くべき答えが…。たしかにオタクの気があるということは以前から気がついていました。デスク間の仕切りで見えにくくなっているけどPCのスクリーンセーバーはアニメ動画だし、彼の机の引き出しにスターウォーズのフィギュアが隠されているのも私は密かに知っていました。でもそこまでディープなオタクだったということは、初めて聞く衝撃の事実でした。「虎穴に入らずんば虎児を得ず、です」という意味深な飛龍霊能者のアドバイスに従い、毎回コミケに参加している腐女子系の知り合いのツテを得て、私は生まれて初めてその会場へ出かけました。そして会場内を汗だくで回っていると、やがて見慣れた顔を見つけたのです。ゲームキャラのコスプレに身をやつした彼でした。
こちらから声をかけたときはさすがに面食らっていましたが、私も同好の士であると認識されたようで、以後は会社でも急激に接近し、お互いの部屋を行き来して泊まる仲にまで深まりました。最初のうちはにわか仕込みのオタク知識がバレないかと冷や冷やしていましたが、腐女子の知り合いのサポートもあって、何とか現在に至っています。この前は彼の新しいコスプレ着の裁縫までしてあげました(笑)。彼の趣味がどうであろうと私はまるで気になりません。あの人の優しさと知的な性格が大好きなので、できれば結婚したいと思っています。愛されているという実感もありますし、飛龍霊能者も「十分結婚に至る、強い絆があります」と言ってくださっていますから、もう鬼に金棒です!
以前の私のように片想いで悩んでいる方は、思い切って相手の価値観に染まってしまうのも恋の望みを叶えるための一手だと思います。私はそのことを、飛龍霊能者に教えていただきました。

飛龍霊能者の鑑定を受け、赤い糸とは何かを知ることができました。
この復縁が一生の幸せとなるよう努力いたします。

棚橋穂波さん 34歳 千葉県千葉市

(お礼の手紙より)
現在の夫とは大学のサークルで知り合いました。それまでも男性と付き合ったことはありましたが、その中でも最高と思える相手でした。彼は本当に私を愛してくれて、おかげでとても幸せな大学時代を過ごすことができました。手をつないで学校に行き、授業も一緒に出て、サークル活動まで一緒…。毎晩デートして映画を一緒に見たり、お酒を一緒に飲んだり、いつも私たちは一心同体でした。やがて自然な流れで同棲するようになり、当時の友人たちはみな、いずれ私たちが結婚するものだと思っていたようです。
ところが彼が卒業してから状況が一変しました。彼は就職した先の会社で出会った、同僚女性を好きになってしまったのです。やがて私に嘘をつくようになり、最後は飽きたおもちゃを放り投げるような、ひどい態度を取るようになりました。いっときは「死ぬまで一緒だ」と言っていた相手に対して何故そんな酷いことができるのか、私は理解に苦しみました。彼は私の全てでした。でも、もうどうしようもない…。私が愛した、また私を愛してくれた彼はもうこの世のどこにもいないのだと、諦めるしかありませんでした。薔薇色だった毎日が一転して灰色の世界に変わりました。
「男なんて二度と信じるものか」と自らに言い聞かせ、気持ちを完全に切り替えて、私は仕事のスキルを磨くようになりました。
でもいくら仕事ができるようになっても、女一人というのはやはり寂しいものです。年齢を経るにつれ飲み仲間の独身者もどんどん減っていき、何だか乾いた砂漠の中を一人ぼっちで歩いているような気分でした。
そんなとき、ネットで紫苑のホーページを目にしたのです。たまには占いでもしてもらうかと遊び半分で電話してみました…。そして私を鑑定してくださった飛龍霊能者に聞かされたのは「貴女は大学時代に交際していた恋人と復縁する運命にあります。今からその日に備えておくと良いでしょう」という信じられない言葉でした。「まさか!ふざけないでよ!」電話を切った後、震えながらそうつぶやいていました。何故なら、彼はしばらく東京の会社に勤めた後、北陸の実家へ戻ってしまったからです。父親が経営する会社を継いで、若社長におさまったという話を人づてに聞いた覚えがあります。当然もう結婚もしているでしょうし、何よりも自分を裏切った相手との復縁などまっぴらだと思いました。 しかし、飛龍先生からのアドバイスも忘れかけた頃、大学時代の友人の結婚式で私はあの彼と再会してしまったのです…。聞けば、仕事でしょっちゅう東京に出てきているとのことでした。長い時間が経過したおかげか実際に会ってみると怒りの感情もさほど湧かず、その後は別れた時の事を水に流し、友人同士として会うようになりました。
彼が東京に来た際には一緒にお酒を飲んで馬鹿話をしました。そんな少し切ないような、サバサバしたような関係を続けていたある日のこと、街を歩いていた私たちは大学時代にいつも一緒に来ていたバーを見つけたのです。「まだあるんだね」、「懐かしい~」などと言い合いながら、その店へ入ってみることにしました。やがて当時のお気に入りだったカクテルを飲みながら、ふと彼が言いました。「あれからいろんな人と付き合ってみたけど、やっぱりお前しかいないと思っている」と…。「またまた~!」とお茶を濁しながら彼の目を見ると、その眼光は真剣でした…。
その晩、再び飛龍霊能者の鑑定を受けました。「彼は本当にヨリを戻したがっているのでしょうか?」とお訊ねすると、「前世からの縁です。たとえ神様であろうと、この縁を断つことはできないでしょう…。貴女と彼はそれほど強いご縁で結ばれているカップルなのです。この前は私が申し上げたことを信じていただけませんでしたが、今はもう貴女も十分に理解されているのではないですか?」と物静かな口調でおっしゃいました。 今、私は彼の妻となって、その一族経営の会社の役員も務めています。あの日、飛龍霊能者に言われた言葉は心の拠り所となっていますが、彼が浮気をしたらもう二度と許す気はありません。これだけはマジです(笑)。役員報酬も自分名義の口座にしっかり貯め、浮気をしたら即離婚してやるつもりです。
何はともあれ、飛龍霊能者には心から感謝しております。ありがとうございました。

飛龍霊能者の霊視鑑定は、私の心のよりどころです

飯田冬実さん 31歳 会社員 長野県長野市

(お礼の手紙より)
先日、飛龍霊能者に霊能力鑑定をしていただき、とても救われました。相談したのは彼の女性問題のことについて。彼の態度が冷たくなったことに不安を覚え、つい携帯電話を見てしまいました。すると、彼は私のほかに3人もの女性と親密な関係にあるようで、頻繁に連絡を取り合っていたのです。しかも、私とのデートが終わった直後にほかの女性と会ったり、ほかの女性とデートをしたあとに私を誘ったりしていました。もう、ショックで彼に会うのも怖くなってしまいました。
飛龍霊能者は、彼の状況を詳しく読み取ってくださり、彼の気持ちを教えてくれました。「彼は今まで、自分に自信を持てないタイプの人間だったようです。ところが、貴女と出逢い、一途な愛を注いでもらうことでとても前向きになることができた。貴女には、とても感謝しているようです。しかし彼は愛されることで自分を認められたような気になっており、自分の魅力を確認したいがために、たくさんの女性と関わりを持っているようです」確かに彼は、出逢った頃はどちらかというと謙虚なタイプでした。それが私との付き合いによって悪いほうに開花してしまうとは、とてもやりきれない気持ちでした。先生は、「早く現実に気づいてもらいましょうね」と言って、彼の波動を修正してくださいました。
鑑定後、彼の冷たい態度も、コソコソと携帯電話をいじることもピタっとなくなったことには本当に驚きました。飛龍霊能者には申し訳ないのですが、こんなにはっきりとした効果があるとは思っていなかったのです。
その後、仕事や家族のことを相談させていただき、毎回すっきりと解決に至っています。今では、飛龍霊能者の声を聞いただけで安心してしまいます。これからもいろいろと相談させていただきますので、よろしくお願いします。