電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 鑑定体験者アンケート報告 > 第11回

鑑定体験者アンケート報告

第11回

再婚への憧れと戸惑い

村岸七恵 新潟県新潟市 37歳 女性

鑑定を依頼した先生

寂静先生

鑑定を受けたきっかけ

職場に私と同じバツイチの同世代女性がいて、「良い男がいたら再婚したいよね~」なんて笑いながら話していたのですが、ある日いきなりその人から「素敵な相手と出会えた」と告げられました。目がキラキラ輝いていて、とても羨ましかったです。それで食いつくように事情を訊いたら、何と電話占いで告げられたことがきっかけで出会ったと言われたんです。それで、「ぜひ自分も試してみよう!」と……。

紫苑を選んだ理由

今、言った職場の女友達が、紫苑のお世話になっていたからです。凄く当たる先生がいると聞かされました。

こちらの先生を選んだ理由

寂静先生のチョイスも女友達の薦めです。彼女、先生の鑑定を受けた時、自分が相談内容を話す前に「再婚についてのお悩みですか?」とズバリ指摘されたと言っていました。霊能者の鑑定を受けるのは初めてで不安もあったのですが、それだけ当たる先生ならと、迷わずに決めました。

鑑定の内容

都合三回、寂静先生の鑑定を受けました。第一印象は、人当たりが良いのに言うことが鋭い先生。とても穏やかに話してくれるのですが、その一言一言がグサッと胸に突き刺さるんですよね。おまけに霊視のパワーが物凄くて、こちらが状況を話す前に、「密かに好感を抱いている、同じ境遇の男性がいますね。でも、彼には子供がいるので近づくことを躊躇しているでしょう?」と具体的に言い当てられました。
本物の霊能者はテレビや雑誌などのメディアには決して出ないと聞きますが、寂静先生はその典型じゃないでしょうか。声を聞いただけで全てが見える、とおっしゃっていました。
言葉が胸に刺さると言いましたが、決してそれは不快な体験ではなくて、逆に刺激されて元気が出るというか、ハッと目を覚まさせてくれるというか……。例えば私が最初の結婚に失敗した理由などでも、自分では気が付かなかったことをバシッと指摘されました。「お互いに思いやりが欠けていましたね。例えば彼が残業すると連絡してきても、あっそう、で済ませてしまうとか。逆に貴女が仕事に疲れて帰ってきた時に、食事の用意を強要されるとか。そうした小さなマイナスが降り積もると、結婚生活は長く保ちません。この教訓をぜひ、次に活かしてください」。先生のこの言葉に、「ああ、たしかにそうだな」って納得しました。いい歳をして恥ずかしいけれど、ちょっとだけ涙も出ました。
私が密かに想っている男性については、こちらからアプローチをすれば、すぐに相思相愛の関係に発展すると言われました。さらに彼の子供の問題についても、一度会えば必ず懐いてくれると太鼓判を押してくれて、おかげで不安が払拭できました。

鑑定を受けた後の感想

今まで私、自分はあまり子供好きじゃないっていう思い込みを抱いていたのですが、寂静先生との対話を通して、それが間違っていることにも気づかされました。「現に姪御さんを可愛がっておられるじゃないですか。つい最近も、その子にオモチャをプレゼントしてあげたでしょう?」って言われて……。弟の家へ行く時の単なるお土産のひとつでしかなかったのですが、よくよく自分の感情を確かめるとその通りなんですよ。それにしても、家族構成や兄弟姉妹のことなんか全く話していないのに、どうして分かったの?って、後で愕然としました。まさに、「これが本物の霊能者」ということなのでしょうね。奇跡のような透視力に、感動さえ覚えた鑑定でした。

鑑定後の経過

意中の相手は会社の取引先の営業さんだったのですが先々月、彼がうちの課へ顔を出した際、先生に言われた通りに見上げて微笑むような感じで食事に誘ったら、犬みたいに飛び跳ねて喜んでいました(笑)。相手にされないかも、という恐れは杞憂でした。その後、未来透視の予言通りにお付き合いが始まり、彼の一人娘とも会いました。私を一目見るなり、ひしっと抱きついてきて、「おばちゃん、大好き」って……。思わず大泣きしてしまいました。
本当に凄いと思うのは、事前に寂静先生がこうなることを具体的な映像のイメージとして教えてくれていたことです。何度も言いますが、本物の霊能者ってこうやって人知れず活動されていて、ごくごく一部の人間だけがその恩恵にあずかれるものなのですね。

ひと言メッセージ

寂静先生、この度は大変お世話になりました。つい先だって、私と先方の両親が一度に会して食事をした際、結婚する旨を伝えました。現在、私の薬指には十年ぶりにダイヤの婚約指輪が輝いています。先生に助けられて掴んだこの幸せ、今度は絶対に手放さないように頑張ります!