電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 鑑定体験者アンケート報告 > 第1回

鑑定体験者アンケート報告

第1回

叶わなくてもいいとすら思っていた片思いの相手と、見事に結ばれました!

河崎由美子 東京都あきる野市 32歳 女性

鑑定依頼の目的

片思い中の彼の気持ちを知りたくて、です。

鑑定を依頼した先生

麗沙先生

鑑定を受けたきっかけ

よく読んでいる雑誌で、紫苑の霊能者の鑑定を受けた人の体験談が載っていて、そのすごさが印象的でした。片思いでも、霊能力で相手に想いが伝わると書いてあったからです。私は32年間一度も彼ができたことがない上に、今片思いをしている相手も、これほど真剣に想ったのは初めてといっていいくらいだったんです。最近は、この想いはもう叶わなくてもいいとすら思っていたのですが、雑誌の記事を読んだ瞬間、これはもう電話占い紫苑に頼るしかないと直感したんです。そこで、本屋でその雑誌を購入し、すぐに家に帰ってお電話しました。

紫苑を選んだ理由

雑誌に載っていた体験談が非常に印象的でした。それをきっかけに実際にサイトにアクセスしてみると、実績も豊富で、長年に渡って多くの利用者から支持を得ているように見えました。ここなら自分の片想いも叶うかもしれないと思ったのです。

こちらの先生を選んだ理由

雑誌に載っていた数ある体験談のうち、麗沙先生のものが一番すごかったからです。鑑定を受けた人はことごとく言い当てられていましたし、何より麗沙先生は降霊の術で片思いの相手の霊を降ろして、相手の本心を直接聞くなど、信じられないようなことばかりが載っていたからです。私の片思いのような、到底叶わなそうな恋愛でも叶えてくれそうだと思いました。

鑑定の内容

電話が繋がった瞬間、麗沙先生は、「片思いのお悩みですね。もっと自信を持っていいですよ」とおっしゃいました。彼への気持ちをどうやって伝えようかと色々言葉を準備していたのに、先生はすでにすべてを知っているような感じだったので、びっくりと安心が同時に来たのを覚えています。それから先生は、一度彼の本心を霊視して、私の存在がどれほどの大きさなのかを見てくれました。すると、思った以上に私のことを気に留めているというんです。心臓が高鳴る中、いよいよ先生は降霊の術で、彼の魂を自分の体に降ろしてくれました。「すぐに彼とお話できますからね」そうおっしゃった先生は、しばらくの沈黙の後、何やら呪文のような文句をつぶやきはじめて、また沈黙。すると、次の瞬間、まるで電話口に彼本人が出てきたと本気で勘違いするくらい、声色も、しゃべり方の癖も、イントネーションもまさに彼という声が聞こえてきたんです。「こんにちは」と言って、彼は私をいつものように呼んでくれました。私は、今こそ最高のチャンスだと思い、ストレートに彼に私のことをどう思っているかを聞きました。すると、彼は「河崎さんのことは妹のように感じているよ」と言ってくれたんです。恋愛感情ではないにしても、仕事だけの間柄だった彼が、私にそれほどまでに親しみを感じてくれていたことがとても嬉しくて、涙があふれて止まりませんでした。その後、麗沙先生は彼の魂と対話してくれたようで、私への想いをもっと強いものにしてくれました。麗沙先生の身体を通して会話した彼との時間は、ほんの数分だったけれど、まるで1時間くらいの出来事のように感じました。

鑑定を受けた後の感想

電話を切った後、彼の本心を知ることができたことや、彼と直接込み入った会話ができたことを振り返って、とても嬉しくて、それだけで念願が叶ったような気分になりました。もちろん、現実世界の彼と、今後どのように接していけばいいか分からない不安はありました。でも麗沙先生が言うには、彼のほうからアプローチがあるとのことだったので、ドキドキしながら待つことにしました。

鑑定後の経過

鑑定からちょうど1週間後、急に会社で新しいプロジェクトがスタートしたので、別の部署にいる彼も、頻繁にうちの部署に来るようになったんです。その新しいプロジェクト開始のお祝いのちょっとした会合のときに、彼の方から話しかけてきました。心臓が飛び出るかと思いましたが、彼と初めて楽しく色々なお話をすることができたのです。その後、プライベートで映画を見に行ったり、ショッピングに行ったりしていたら、自然に良い感じになり、そのうち彼から正式に付き合ってほしいと告白されました。あまりに自然で驚いています。

ひと言メッセージ

雑誌を見て紫苑の麗沙先生に鑑定をしてもらおうと決めた瞬間から、もう運命は決まっていたように思います。今では彼と付き合って早半年。生まれて初めて彼ができたのも先生のおかげです。この体験を多くの片思いをしている女性たちへ知ってほしいと思います。