電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 霊視レスキュー119 > 知子霊能者(2)

霊視レスキュー119

知子(ともこ)霊能者(2)

自分を出すことができず、人を好きになっても結婚することができません

相談者/麻美さん

二十歳の時に一度結婚しましたが、わずか2年で終わってしまいました。それからは本気で人を好きになっても結婚することができない状態でいます。私は愛を受け入れることも人を愛することもできなくなってしまったのでしょうか?自分を表現することも怖く、いつも心臓に負担がかかってしまい、すぐに緊張してしまいます。口が渇いてしまって口臭があると思うと余計に心は閉じてしまいます。自分を出すことができないのです。この先、私は人を愛してそして愛されて再婚することはできるのでしょうか。

素直な自分を出し、他人への優しさを養うことで、
恋愛関係の運勢も良くなっていきます。

回答者/知子霊能者

貴女の場合、本来、燃えるように激しい情念がすべて心の奥内にこもってしまい、それが対人関係に悪い影響を与えているようです。ご神霊のお言葉をお伝えいたしますと、貴女にそうした心の癖がついてしまったきっかけは、いくつかの過去世において恋愛相手や配偶者から酷い裏切りを受けたことがあり、それが意識下の傷となって今世の対人関係に強い影響を及ぼしているからだそうです。
誰かを愛してもいつかその人から裏切られるのではないかという無意識の恐怖が先に立ち、相手に対して自分でも気付かぬまま心を閉ざしてしまうので、相手もそれを敏感に察し、貴女から心が離れていくのです。最初の結婚相手の方も、こちらは愛しているのにどうして貴女が自分を受け入れてくれなかったのか理解できず、かなり精神的な戸惑いを覚えておられたようです。貴女にしてみれば、自分の愛情が受け入れられなかったという印象でしょうが、お相手も同じ感覚を貴女に持っていたわけです。こうした心の癖を直すには、まず「自分自身の気持ちを素直に表へ出す」というトレーニングをすることが必要です。
貴女は本来、溢れんばかりの情熱と優しさを兼ね備えている方ですから、「他人に対しても自分に対しても素直になる」と言い聞かせて生活していくだけで、周囲の状況はかなり変化していくはずです。また、貴女を守護されている方も、貴女のことを大変心配されており、何とか本当に信頼できる異性と巡り合わせてあげたいと心を砕いておられるようで、霊的なご加護や導きは十分にあるのです。
なかなか実感しにくいかもしれませんが、霊的に見ればこれはとても幸せなことです。もし今、異性のお相手がおられるのなら、まずはその方を相手に優しさと情熱を表へ出すレッスンを始めてみましょう。仮にそれが上手くいかなくても、守護霊様はすでに貴女に複数のご縁を準備されていますから、失敗を恐れる必要はありせん。「優しさと情熱を表へ出す」をキーワードに、どうか幸せに向かって自己改革の一歩を踏み出して下さい。