電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 霊視レスキュー119 > ほのか霊能者(2)

霊視レスキュー119

ほのか霊能者(2)

バツイチの私が高校の元彼に会って……。告白すべきでしょうか?

相談者/絵理子さん

およそ12年振りに、高校生のときに付き合っていた元彼と再会しました。大学入学を切っ掛けとした前向きな別れで、またやり直せたら良いね~なんて言って別れました。しかしそうなることはなく、私は26歳のときに結婚、2年で離婚をしてバツイチ。いくら同窓会で再会して彼に惚れ直し、彼と高校生のときみたいに恋愛したい、復縁したいと思っても、バツイチの自分がそうそう積極的になれないのもわかっていただけるかと思います。同窓会後も、彼が電車で40分程度の場所に住んでいることもあり、何度か食事には行きました。でもそれは“友人として”です。やっぱり恋人同士に戻りたい、私から告白しても彼はOKしてくれるでしょうか?彼が告白してくれるのを、ただ待つべきなのでしょうか?それともこれ以上の関係は望めないのでしょうか?

霊視と霊聴で心を見通しました。
クリアな霊質になった今なら、告白が必ず身を結びますよ。

回答者/ほのか霊能者

鑑定師のほのかです。お悩み、確かに承りました。
絵理子さんの気持ちは文面からだけでなく、その魂の波動からも強く感じたので、あらためて霊視する必要がないほどでした。そこで私はお相手の男性の本心を探るべく、遠隔霊視と霊聴によって接触を図りました。
鑑定師の行なう霊視は、精神の波長を対象者に重ね合わせることで、その人の思考がビジュアル化されて見えるので、本心が一目瞭然なのです。相手の想像を実際の映像として、頭の中に投射することができます。さて、絵理子さんのお相手の方も、どうやら絵理子さんと一緒になって、幸せを築いていく未来図を頭に描いている様子でした。ただそこで鑑定を終えず、より深く彼の本心を知るために、霊聴によって彼の心の声を聞くことにしました。それほどまでに絵理子さんとの未来を考えている方なら、なぜ一歩を踏み出さないか疑問だったからです。
そこで聞こえてきた彼の声は、「絵理子さんが自分のバツイチを気にして寄せ付けないから入り込めない」、という不安と不満そして自信の無さが混じり合った声でした。絵理子さんに確認したところ、やはり霊視・霊聴のとおり、彼と会っているときに何度も「自分はバツイチだから」と口にされていたそうです。そのネガティブな発言が蓄積して、絵理子さんには見えない壁が、彼の心にはストレスが、お互い一歩踏み出せない原因が出来上がってしまっていたのです。
それがわかれば後のアドバイスは容易でした。絵理子さんには自分で自分を苦しめないためのアドバイスと、事あるごとにマイナスに考えてしまう霊質を波動修正で正しました。
また彼には、念を飛ばして、恋愛縁の強化を行ないました。
心に障害がなくなったお二人ですので、結果はそれから早い段階で出たようです。幸せなご報告がありました。