電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 電話占い紫苑 霊能者インタビュー > 十子(とうこ)霊能者

電話占い紫苑 霊能者インタビュー

十子(とうこ) 霊能者

難しい不倫愛を成就させてこそ、
本物の霊能者と言えます。

不倫も略奪もすべては愛。そこに愛があるならば、結び付けるのが霊能者の役目。望み通りの愛を叶えるために、状況を霊視し運命を動かす霊能者の力。どんなに難しい立場であっても、確実に叶えてこそ本物の霊能者を名乗れるのです。

泥沼愛の形態としては、不倫関係の他にどのようなものがありますか

◎十子霊能者
「はい、よくご相談をいただくのは、お相手から二股をかけられていた、というケースです。とてもうまくいっていると女性の側は思っていらっしゃったのに、突然彼が別の女性とも付き合っていることが判明して修羅場になる、といったものですね。そのお相手に関しましても、往々にして、ご自分の友人だったり、知り合いだったりすることが多いというのも事実です」

そのようなご相談を受けられた場合は、どのように鑑定を進められるのですか

◎十子霊能者
「まずは、霊視をいたしまして、よくよく状況を見極めるようにしております。ご相談くださった方と、お相手の女性のとの間に何らかの因縁があることも多いので、その辺りを見逃すことがないように気を付けます。生き霊をご本人が飛ばしてしまっているような場合は、相手の女性を憎むような気持ちを持っていたら、絶対に彼と結ばれません、とご説明します。お相手から来てしまっている場合は、ある程度念飛ばしで戻したりしますが、どちらの場合も完全に解決するのは難しいというのが現状です」

つまり、生き霊を飛ばすような状況に陥らないようにするべきなのですね

◎十子霊能者
「その通りです。まさに修羅場ともいえる状況の中では、お互いに相手に対する憎しみの感情が渦を巻いていますから、ともすれば、生き霊の飛ばし合いという事態になります。こうなりますと、その恋愛自体が、暗い闇のなかに落ち込んでしまったのと同じなのです。一度吹き出してしまった憎悪を消し去る、というのは本当に難しいことです。私が、一番声を大にして言いたいことは、たとえどんな状況にあろうとも、決して相手を憎まない、ということです。ネガティブな感情が物事を良い方向へ動かす、ということは絶対にありません。明らかに相手が自分の彼をかすめ取るような状況だったとしても、相手の側に立ってみれば、いけないとは思いつつもやはり彼のことを愛してしまった、ということなのです。そのことをまず、理解しましょう。増してや、相手の女性がこちらの存在を知らなかったのであれば、立場はまったく一緒です。そのように考えられるようになりますと、自然に心持ちが変わってきますから、気持ちに余裕が出てきて、彼のことを必要以上に責めたりすることもなく、冷静に状況を見ることができるようになります。彼の愛を勝ち取りたいのであれば、『貴方のことを心から愛しているから、時間がかかっても信じて待っている』メッセージを送り続けることです。逆上したり、取り乱したり、追いすがる、という行為は彼の気持ちを遠のかせるだけなのです。相手の女性を決して恨んではいけません。恨みや憎しみといったネガティブな感情は、決して物事をプラスの方向へ導くことはないのです。どうしても彼の愛を勝ち取りたいのなら、『愛しているから信じている』というメッセージだけを送り、彼を絶対に追い込まないようにしてください」