電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 電話占い紫苑 霊能者インタビュー > さん花霊能者

電話占い紫苑 霊能者インタビュー

さん花(さんか)霊能者

霊媒体質の方へのアドバイス

霊感体質・霊媒体質には、問題があるものと放っておいても良いものがあります。
普通はあまり気に病む必要はありません。

今回は、霊媒体質や霊感体質をどう克服するか、というテーマでお伺いしたいのですが…。

◎さん花霊能者
「なるほど。たしかに実際の霊視鑑定でも『霊に敏感で、すぐ金縛りにあう』とか『肩が重くなる』というお悩みを聞くことがあります。私もこの道を志すまでは、自分の霊感や霊媒体質を持て余していた時期がありますので、いわゆる霊に敏感すぎる方のお悩みというのはよく分かりますね。先日もそういうお悩みの相談がありました。遠隔浄化でいちおうは解決させていただきましたが…」

それは具体的にはどんなお悩みでしたか?差し支えなければ教えてください。

◎さん花霊能者
「守秘義務があるので詳しくは申せませんけれど、引っ越した先のアパートがあまり霊的によくない場所で、自分や身内に悪いことばかり起きるようになった、というお悩みでした。就寝中に金縛りにもよくあうようになって、先日は女性の霊らしきものまで見たとおびえながらお電話いただきました。さっそく霊視したところ、ご相談者が言われた通り、霊が出てもおかしくない部屋でした。ただし部屋自体に問題があるということではなく、建物の立地が問題だったのです。マンション裏が墓園になっていて、以前はそのマンションも墓園敷地の一部だったようでした。しかも日当たりも悪くて水気も多く、霊気が滞留しやすい立地なのです。普通ならちょっと雰囲気が暗いな、というだけで済むのですが、霊感の鋭い方はそれを霊現象などの五官イメージとして感じられてしまうのでどうしても厄介ですね。私が行ったのは応急処置で、最終的には引っ越した方が良いというアドバイスもさせていただきました」

そうした霊感体質というのは改善できないものでしょうか?

◎さん花霊能者
「正直言いますと、今、話したような問題が起きない限り、ことさら改善する必要はないと思うのです。絵を描く才能や数学の才能と同じで、霊感が鋭いというのも持って生まれた才能だと思いますので。ただし、自分で制御のできない霊媒体質の方というのは本人も周囲も困りますよね。霊の好き勝手に肉体を使われてしまう危険を秘めているわけですから。私の場合、そういう方のご相談に当たったときには、日中、スポーツなどで少しでも身体を鍛えるようにアドバイスします。スポーツや体操などで肉体を鍛えて頑健にすること、そしてなるべく午前中の日光に当たること、このふたつを実行するだけで、霊媒体質の中でも特に過敏な霊媒体質というのはだいぶ緩和されますよ」

肉体的に健康になると霊媒体質も改善されるということですか?

◎さん花霊能者
「ええ、それは間違いなく言えます。ストレスや疲労で精神バランスが崩れたときにも、病的な霊感が鋭くなるということはあります。現代では昼夜逆転の生活をしている方が多いですが、健康面からいってもなるべくなら改善された方が良いですね。それとよく金縛りや霊を見たときに般若心経や真言を唱えたりする方もおられますけど、あれはあくまで霊に不意を突かれたときの窮余の策です。根本的には精神と肉体のバランスをきちんととって、霊感が病的な方向に傾かないように自己管理するべきだと思います。詳しくはご相談いただいたときに、個々にご説明させていただきます」