電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 霊能者エッセイ > さん花(さんか)霊能者

霊能者エッセイ

さん花(さんか)霊能者

ごあいさつ

こんにちは、皆様。電話占い紫苑霊能者のさん花と申します。
皆様の中には、すでに電話相談にて、直にお話しをさせていただいている方もいらっしゃるかもしれませんが、このページは霊能者の自己紹介を兼ねた軽い読み物だそうですので、最初に私の鑑定方法を含めて、電話鑑定の具体的内容について少しご説明させていただきたいと思います。

霊能者プロフィールに書かれております、私の鑑定方法は以下のようになります。
霊感、霊視、透視、霊聴、守護霊、背後霊、前世、浄霊、除霊、祈願、波動修正、ヒーリング…。
これはご相談をいただく場合の目安にしていただく一種のメニューですので、霊能力を細かく分けて書いておりますが、要するにすべては霊能力鑑定という言葉でくくれるかと思います。霊感と霊視は、私が生来持っている霊能力です。子供の頃から霊の姿を見たり、人が考えていることが映像のように頭に流れ込んできたり、といろいろ不思議な体験をしてまいりました。普通の人には見えないモノが見えてしまうというのも、それだけでかなり困ってしまうことなのですが、私の場合は自分の意志にかかわらず他人の考えまで読めてしまうので、少女時代は人間関係にかなり悩んでいました。
顔は優しく笑っているのに恐いことを考えている人や、話していることとその想いがまったく逆になっている人と接していますと、人間不信といいますか、いい加減この世に生きているのが嫌になってきます。私も一時はすっかり厭世的な気分に陥り、人間を避けていた時期もありました。でも、これではいけないと一念発起してしばらく修行生活に入り、自分が持っている超常感覚を制御する方法を徹底的に学んでまいりました。