電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 霊能者エッセイ > 寂静(じゃくじょう)霊能者

霊能者エッセイ

寂静(じゃくじょう)霊能者

パワーストーンを用いた霊感アップ術

毎日の生活の中で、何かと迷うことは多いのではないでしょうか。そんなとき、直感研ぎ澄ませて、正しい方向にその都度進んでいけたらいいですよね。守護霊からのメッセージを感じる感度が高まると、なおさらありがたいものです。そこで霊感アップの方法の中でも、パワーストーンを身に付けることによる霊感アップの方法をご紹介します。

霊感を高めるとどうなるか

霊感を高めると、私たちはどんなことができるようになるのでしょうか。まず、人とのコミュニケーションの状態に変化が生じてきます。例えば、相手の考えていることが手に取るように分かるようになってきます。それは、ビジネスのシーンにおいても非常に有効です。なぜなら、交渉のときなどに、相手が何を考えているのか、そして、相手が次にどんな行動に出るのかを読むことができるからです。そうすれば、自分に有利になるように、次の行動を取ることができるようになるでしょう。
また、霊感が高まると、守護霊からのインスピレーションやメッセージを受け取りやすくなります。そうなれば、危機的状況を回避することができたり、いいアイデアが浮かんできたりして、仕事や恋愛、人間関係全般に大きなメリットが出てきます。

霊感と霊性の違い

しかし、霊感というと、どうしてもオカルトのようなイメージがつきまといます。「霊が見えた」「金縛りにあった」など、心霊現象に対する感受性の強さがよく取り上げられるからです。しかし、ここで言う霊感を高めて人生に活かすということは、霊が見えることとは大きく異なります。霊感ではなく、霊性を高めることが重要になってきます。
では、霊性とは何でしょうか。霊性とは、簡単にいえば、霊の成長度のことをいいます。「霊格」とも呼ばれます。霊の成長とは、浄化のことです。そしてその人間ひとりひとりの霊性は、そのまま人格に現れるといわれています。人格が高い人は、霊性も高いということがいえます。
霊感をアップさせることは、ある意味、コミュニケーションスキルやスピリチュアルな人生の選択を行っていくということになりますが、同時に霊性を高めることを目指すことで、人間としてより良い状態になっていけるということになります。

霊感と霊性を高めるパワーストーン

では、このことを踏まえて、霊感と霊性を高めるために役立つ、パワーストーンとの付き合い方についてみていきましょう。パワーストーンには、神秘的な力が込められているといわれています。きっとみなさんも、自宅にいくつかパワーストーンをお持ちかもしれません。そのパワーストーンには、さまざまな効果があるといわれています。例えば、長いが叶う、開運、幸せを呼び込めるといったことがあります。お守り代わりにブレスレットなどにしてつけている人も多いですよね。そんなパワーストーンですが、実は、霊感や霊性を高める作用もあるのです。
よく、運気が上がるとか、心霊現象への感受性を高めるほうの霊感アップのためにいいなどといわれますが、もっと精神的に高度な方法に使いたいものですよね。そこで霊性を高めるパワーストーンについてご紹介します。

●エレスチャル
耳慣れない名前ですが、渡したち人間では考えられないほどの長年の歴史があるパワーストーンなのです。なんと数億年もの長きに渡って、形成されたという石です。このエレスチャルというものは、水晶の一種で、その中に数多くの内包物のある石のことをいいます。パワーストーンの中でも変わった石とされており、紫色や茶色などの神秘的な色をしています。その数億年もの歳月で培われた非常なパワーが、霊性を高めてくれるといわれています。実際、多くのスピリチュアルヒーラーが身に付けています。

●ラピスラズリ
このパワーストーンの名はきっと多くの方が一度は耳にしたことがあるでしょう。ヒーリング、癒し、心を鎮めるといった精神的な作用があるとされています。ある説によれば、その石に触れただけで、肉体、精神、霊体などあらゆるところが浄化され、状態が改善するといわれています。まさにヒーリングのための石といえます。同時に、スピリチュアルな精神を高揚させる効果があります。青色をしたその深みのある石を見ているだけで、精神が浄化されていくことでしょう。

●ホワイトファントム
霊性、及び直感を高める石で、日本語では「幻影水晶」とも呼ばれます。水晶の中でも、純粋なエネルギーがあることで知られています。そして非常に強い霊的な浄化作用があり、そのパワーは非常に純粋で、その石に触れたり、眺めたりするだけで、霊性や直感が高まると同時に、純粋なエネルギーによって思考をクリアにしてくれます。

●ラブラドライト
魂に働きかけるという意味深な石です。魂には、現世の自分だけでなく、過去生の記憶をも記録されています。その魂に直接アクセスする力があるのです。また、魂にアクセスすることから、あなた自身すら気づいていない、潜在的能力も高まり、現世において魂が目指す目的や使命をまっとうするのに役立つでしょう。眺めているだけで、なんだか遠く懐かしい記憶が呼び覚まされるような気がしてくるはずです。そうした魂の記憶、魂の試練、魂の目標を強く意識することは、霊性を高めるために必要なことです。

霊性を高めるパワーストーンの傾向

次に、この霊性を高めるパワーストーンの傾向を見ていきましょう。実は、いずれも青や紫、白、グレーなどの色の傾向があります。実は、霊性を高めるのには、このような「陰の石」である必要があるのです。この陰の石に共通していることは、あなたの潜在意識へ働きかけるという点です。あなたの可能性は、潜在的に眠っています。そしてその潜在意識を呼び覚まし、あなた自身が気づきを得ることで、霊性や人生の知恵を高め、今ここにいる自分の問題や課題を乗り越えていくことができるのです。今回ご紹介したパワーストーンの中には、陰と陽のエネルギーが両方含まれているものもありますが、いずれも陰の石の傾向があります。

パワーストーンを用いて霊性を上げるには

では、これらの陰の石で霊性を上げるためには、具体的には、どのように接すればいいのでしょうか。多くの場合、パワーストーンは身体に身に付けて使います。
例えば、ブレスレットタイプを選び、常時身に付けるという方法は、最も一般的です。その理由は、ブレスレットは常時、自分の視界に入りやすいですし、何より、ずっと肌に密着させられる利点があるからです。もともと、パワーストーンは、身に付けると、その石のエネルギーと、私たち人間の体から出るエネルギーとが交流・交信し合うことになります。より意識的にエネルギーを受けるということは、特にそのパワーストーンを手に入れてから間もないうちは、とても重要になります。
ただし、注意しなければならないのは、ブレスレットは数珠つなぎになっていることから、複数の石が組み合わされているものもある点です。しかし、その石同士の相性が悪いことで、石同士のパワーが相殺してしまう場合があります。複数の石がついている場合には、相性を調べてから着用しましょう。 パワーストーンを身に付けることで、パワーストーンにどんどん親しんでいくことができます。そして、このような正しい付け方をすることで、パワーストーンの潜在的パワーをより多く引き出すことができます。霊性を高めるための効果も高まるでしょう。

パワーストーンの浄化の必要性

ところで、霊性を高めるには、パワーストーンからいつでもその純粋なエネルギーを取り入れなければなりません。そこで注意したいのが、パワーストーンを定期的に浄化するのを忘れないことです。
人間と同じように、パワーストーンも疲れてしまうというイメージを持つといいでしょう。あなたが自分の霊性を高めるために身に付けているパワーストーンは、いつもエネルギーをあなたに与えてくれています。あなたの霊性が高まったということは、その分だけ「おつかれさま」の気持ちを込めて、浄化という石の休息・癒しを行ってあげなければなりません。そして、あなたの霊性を高めるエネルギーが弱まるのを避けましょう。
また、仕事や生活で、多くの人に接する人は、特に身に付けているパワーストーンの浄化の頻度を高めたほうがいいでしょう。パワーストーンは、あなただけでなく、近づく人にまでエネルギーを伝えますし、エネルギーを反対に吸収するものです。そのたくさんの人と接することによる影響も考慮してみてください。

●パワーストーンの浄化するときの注意点
ところで、このパワーストーンを浄化するときに注意したいことがあります。それは、パワーストーンによって浄化に適した方法が異なることです。まずは一般的なパワーストーンの浄化方法を一通り確認しておきましょう。主に、流水、日光浴、月光浴、クラスター、セージなどの方法があります。
流水とは、水道水や川のせせらぎなどにさらすことです。日光浴と月光浴は、日の光、もしくは月の光に一定期間さらすことです。外に持ち出さなくても、窓辺に置いておくだけで大丈夫です。クラスターは水晶が柱状になったものが集まったものです。細かい柱状のものをお皿などに乗せ、その上に浄化したいパワーストーンを置いたり、中に埋もれさせたりします。セージは、セージの葉を燻してその煙をパワーストーンに直接当てて浄化します。
最後に、今回ご紹介した、霊性を高めるパワーストーン4つ、それぞれに適した浄化方法をご紹介しましょう。

◎エレスチャル
エレスチャルに適した浄化方法は、日光浴以外の方法です。流水、月光浴、クラスター、セージの浄化方法は行って問題ありません。

◎ラピスラズリ
適しているのは、月光浴やクラスター、セージです。日光にさらすと温まってしまい、加熱に弱いラピスラズリにマイナスの影響を与えてしまいます。また、ラピスラズリは圧迫にも弱いため、流水も避けましょう。

◎ホワイトファントム
比較的強い石なので、どのような浄化方法でも問題ありません。特に日光浴やセージが向いているといわれています。

◎ラブラドライト
こちらは流水と日光浴は避け、月光浴、クラスター、セージで浄化しましょう。