電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 紫苑's Cafe > 愛のチャクラを高めて縁を引き寄せる方法

紫苑's Cafe

愛のチャクラを高めて縁を引き寄せる方法

愛のチャクラを高めて縁を引き寄せる方法

あなたは愛というものに、どのようなイメージを持ちますか。ドラマの中の世界だと思って冷めている人も多いでしょう。しかし、今後は、次元上昇など世界が変わっていく中、誰もが愛について感じる必要があるようです。そこで今回は、愛に関係するハートのチャクラについてご紹介します。

人間のエネルギーセンターチャクラを理解する

愛といえば、心です。人はそこに愛があるとイメージします。おそらく身体の部位でいえば、胸の位置でしょう。実は、愛といえばその胸であるというのには深い意味があるのです。それは、愛のエネルギーセンターがそこに存在するからです。愛のエネルギーセンターとは何なのか。それは第4チャクラです。チャクラとは、エネルギーが放出されたり、入ったりする出入り口のことです。人間は目に見えないものの、7つのエネルギーセンターからエネルギーを出し入れしています。しかし、このチャクラが滞っていると、エネルギーがしっかりと出入りできないため、とても生きにくくなってしまいます。トラブルが生じるのです。
人間には、7つのチャクラが身体に備わっています。第1のチャクラの尾てい骨のあたりから第7のチャクラの頭頂部まで、まっすぐ頭上に上るようにして存在します。その第4番目のチャクラがハートのチャクラであり、「愛」に関係しています。このハートのチャクラは、その他のチャクラと比べて、感情や情緒性のことを意味します。位置は胸の中央辺りで、色はピンクか緑です。

ハートのチャクラとは

では、この胸の辺りにあるハートのチャクラはどのような役割を果たしているのかもう少し詳しくみていきましょう。一つに、人と人との交流の中で感じる情緒のことを指します。ここが循環していて、エネルギーがうまく流れていると、とにかく愛情にあふれた人になります。無条件の愛ですから、そこに存在するだけで、懐が大きく見えるでしょう。優しくて思いやりにあふれた人は、ハートのチャクラがより多くエネルギーを循環していると考えられます。

ハートのチャクラが滞っているとどうなるか

あなたは今、自分のハートのチャクラのエネルギーは活性化しているでしょうか。自分自身で、分かるはずです。そんなハートのチャクラが滞ると、今度は胸の辺りが痛み、人間不信に陥ります。そして、ハートのチャクラが滞っていると、自分以外の誰かのことを無条件にゆるし、愛することができません。むしろ、他人に怒りを感じ、他人を憎み、他人がうっとうしく感じるでしょう。一方で、自分自身にも愛情を向けることができません。ありのままの自分を愛せないのです。
しかし、ハートのチャクラがトド凝ってしまうのは、幼少の頃の影響もあります。例えば、両親がその子どもに愛情をしっかり注がなかったり、無邪気な赤ちゃんを無視したり、愛情を欲しがるのを受け入れないということがあるのです。その場合、ハートのチャクラはどんどん閉じてしまい、その子供は大人になっても人に愛情を求めず、自分自身も愛することができなくなってしまいます。大人になってハートのチャクラが閉じている人は、他人からの拒絶を恐れて、うまくのびのびと愛情表現できない状態にあることが多いようです。そして、自分に自信を持てません。そして、自分を哀れみ、他人に真の愛情を向けることができなくなってしまいます。

ハートのチャクラは開き過ぎることもある

ところで、ハートのチャクラは、開けば良いというわけではありません。これはチャクラ全般にいえることです。開き過ぎると、そのチャクラの性質が過剰に働き過ぎて、異常な性質を持ってしまうのです。では、どのような状態になってしまうのでしょうか。まず考えられるのは、過剰に愛を上限したり、相手に執着したりすることが考えられます。相手に愛情をたっぷり注ぎきって、不満をこぼすこともあるかもしれません。また、ハートのチャクラが開き過ぎると、独占欲も強くなってしまいます。

ハートのチャクラが開くとどうなるか

では、ハートのチャクラが正常に開いた状態で、最もいい状態である場合、どのようなことになるのでしょうか。ハートのチャクラは、ワクワク・楽しい感情のときがもっとも活性化して正常に開いた状態です。よく、カラオケで歌を歌ったり、楽しくダンスをしたり、アーティストのライブで激しく踊って楽しんだりしていると、テンションが上がるのを感じませんか?そのときの興奮とワクワク感が、ハートのチャクラがきちんと開いている状態です。つまりは普段の生活の中で、ハートのチャクラが開いているかどうかの自覚はなかなか持てないのではないでしょうか。仕事を一生懸命やるけれど、ちょっと嫌々やっていたり、ストレスに感じていたり。また、夫婦関係であれば、夫や妻の態度にイライラしたり、我慢したり、やりたいこと、言いたいことがうまく表現できず、苦しんだり。こうした生活の中では、とうていハートのチャクラは開いた状態であるとはいえません。
ハートのチャクラがいつも開いている人は、まさに無条件に自分も相手のことも愛せる状態にあります。何があっても相手を愛することができるのです。そして、いつも感情は喜びに満ち溢れています。人間関係も当然スムーズに運び、大好きな人たちに囲まれて生活を送ることができるようになります。また、新しく会う人とも、スムーズに共感し合うことができます。言葉を交わさなくても、雰囲気だけで仲良くなれる人っていますよね。そんな人は、ハートのチャクラが開いている人かもしれません。
また、自分自身を愛することができるというのも見逃せない事実です。実は、自分を愛することができなければ、相手も愛することができないのです。愛を与え、はぐくむためには、自分自身を受け止め、愛する必要があるのです。ハートのチャクラは、人を許すことにも関係しています。どんな人も、過ちを犯すことはあります。そんなとき、無条件の愛を実践できるハートのチャクラが開いている人は、どのような相手に対しても許し、愛情を注ぐことができます。そして、自分自身にもそのように許し、愛することで強く生きることができるのです。しかし、ハートのチャクラが閉じている人は、相手から危害が加えられることを非常に恐れます。許すことができないからです。愛情が枯渇しているため、人を許すというところまで満たないのです。そして排他主義になっていきます。しかしそれでは自分が不幸のままです。

ハートのチャクラを開く方法

では、ハートのチャクラを開いた人になるにはどうすればいいのでしょうか。もちろん、一時的に開くことは誰でもできます。例えば、海や山などの大自然のあふれる場所に行くと、人は気分が高揚し、喜びに満ち溢れ、いつのまにかハートのチャクラが開きます。また、好きなことをする、カラオケで歌を歌うことなど、気持ちがウキウキしてドキドキするようなことをすると、ハートのチャクラは開きます。しかし、その後、また嫌々する仕事に戻ったり、嫌なことがあったりすると、すぐにまた元のハートのチャクラが閉じた状態に逆戻りしてしまうのです。では、ハートのチャクラを開き続けるためにはどうすればいいでしょうか。それは、常にワクワクドキドキして生きることです。好きな仕事に就き、いつでもワクワク独時しながら仕事ができるような環境を自分で選んでいくのです。そうしたハートのチャクラを中心に生きることで、人生がどんどん活性化していきます。良い循環が起こるのです。しかし、それはちょっとハードルが高いという人も多いでしょう。その場合には、瞑想やパワーストーン、アロマの力を借りるとうのも一つの方法です。
ハートのチャクラを開くために瞑想を行うなら、例えば、次のような方法で行うことがあります。まず、両手を心臓のあたりのハートチャクラに静かに置きます。そして、呼吸をゆっくり行い、吐く息と同時に、右手と右足を前方に出して、また静かに元の位置に戻します。同じ動きを左手と左足でも行います。この左右の動きを繰り返すことで瞑想が行えます。ただ、これはあくまで一例なので、これが絶対ではありません。本来、音楽に合わせて行うことでもあります。一つのヒントにしてみてください。パワーストーンは、ハートのチャクラの色である緑の色をした翡翠や、ピンク色をしたローズクォーツ、エメラルドなどが相当します。普段から自分の身近なところに置いてその波動を感じることも、ハートのチャクラを活性化することができる一つの方法です。

ツインソウルをつなぐ場所でもある

ところでこのハートのチャクラは、いわゆるツインソウルといわれる、自分の魂の片割れとつながる場所でもあるといわれています。ツインソウルの感情とつながる場所なのです。もし、ツインソウルと出逢うことができたら、ハートのチャクラが開くといわれています。そしてツインソウルの相手も、瞬時にハートのチャクラが開くため、二人であまりに強い霊的エネルギーを感じることがあるといわれています。これは、自分の中で眠っていた霊的感覚が呼び覚まされるきっかけにもなることがあります。ツインソウルとつながっていた場所が肉体的に近づいたために、強く共鳴します。そして、ツインソウル同士は、ハートのチャクラを介して対話をすることができるといわれています。いわゆる以心伝心というわけです。そのような状態になりたいものですね。

ハートのチャクラは、人への無条件の愛に関係するものです。あなたのハートチャクラが滞ったままだと感じたら、ぜひ意識して生活してみてはいかがでしょうか。きっと、心躍る毎日が訪れるはずです。