電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 紫苑's Cafe > スピリチュアルな観点から見た眠れない原因

紫苑's Cafe

スピリチュアルな観点から見た眠れない原因

不眠

夜、なんだかぐっすり眠れないという悩みを抱えていませんか?今、不眠という悩みは多くの人が抱えているといわれており、社会的に問題になっていることでもあります。その眠れない悩みの原因は、もちろん人それぞれ異なりますし、数を数えればきりがありません。その原因のうちの一つに、スピリチュアルな理由が挙げられます。今回は、このスピリチュアルな観点から見た眠れない原因をご紹介します。

眠れないのはなぜ?スピリチュアルな視点から見た原因

一般的に、眠れない理由というのは、例えば、コーヒーなどのカフェイン飲料を寝る前に飲んだり、お腹いっぱい食べ過ぎたり、花粉症などの鼻づまりで呼吸がしにくかったりすることがあります。また、ストレスや人間関係の悩みが頭の中にいっぱいで、眠れないということもあります。単純に、環境が眠りにくいということもあります。例えば、騒音がしたり、明るかったり、旅行先で枕が変わったりして眠れないなどです。しかし、これらの眠れない原因とは少し視点を変えて、スピリチュアルな原因で眠れないということもあるのです。眠れない原因のうち、スピリチュアルな原因をみていきましょう。

無意識に幽体離脱をしている

幽体離脱という言葉を聞いたことがあるでしょう。眠っている間に、幽体と霊体が一時的に自分の肉体から離れて、霊的存在として活動することをいいます。この幽体離脱の最中は、現実界から離れますが、この現実逃避の願望がそうさせている可能性もあるといわれています。そして幽体離脱を行うと、寝不足になるといわれています。そもそも幽体離脱が起こるのは、身体が眠っている最中で、意識が起きている状態だという説があります。そこで幽体離脱は、身体は眠っていても、意識が目覚めているので、なんだか眠っていないような気がするのだといわれています。それは、ちょうど「最近、夢ばかりみていて眠りが浅いようです。おかげで寝不足です」と言う人と同じような現象です。夢をみるのは、眠りが浅いときといわれているからです。幽体離脱も、意識は目覚めていることから、まるで眠っていないように感じるのかもしれません。また、実際、眠っているということにならないため、そのまま寝不足になるのかもしれません。

霊に憑依されている

霊に憑依されやすい霊媒体質の人は、霊の影響を日常的に受けることで、疲れやすかったり、体調が悪くなったりしがちです。そして、何らかの悪い霊に憑依された場合、何日も眠れないといったことが多くなります。不眠の原因の一つが、この「霊に憑依」されていることです。また、こうした霊媒体質で眠れなくなると、睡眠不足に陥り、どんどん体調が悪化していきます。そうなると、さらに悪霊に目をつけられやすくなるため、また別の悪霊に憑依されてしまうこともあります。するとさらに眠れなくなり、どんどん悪循環になってしまいます。

生き霊に攻撃されている

霊の憑依に似ていますが、生きている人間から生き霊が飛ばされてきて、不眠に陥ることがあります。霊の憑依は必ずしも不眠になるとは限りませんが、生き霊に憑かれると、決まってなぜか眠れなくなるといわれています。生き霊は除霊もしにくく、なかなか対応がむずかしいといわれています。それだけ、生身の人間の念というのは強いのです。

霊的なエネルギーのバランスが良くない

オーラが見える霊能者などは、人のエネルギーのバランスが分かるといわれています。例えば、その霊能者にいわせると、エネルギーのバランスがよくないことが不眠の原因として考えられることもあるそうです。

どうすれば眠れるようになるのか

では、どうすればエネルギーのバランスが整い、眠れるようになるのでしょうか。それぞれの原因の対策をみていきましょう。

幽体離脱への対策

もしあなたが無意識に、頻繁に幽体離脱をしているのであれば、それをやめるようにすることで不眠が改善されるかもしれません。しかし、幽体離脱を避ける方法は、一般的にあまり広まっていません。なぜなら、幽体離脱は意識的にコントロールできるものではないからです。むしろ、幽体離脱がしたくてなんとか色んな策を練っているという人がいるくらいです。よく幽体離脱をしてしまうという人の意見によれば、横向きで寝ると防ぐことができると言われています。しかし、万人に当てはまることではないので、これが共通の対策になるとは一概にはいえません。

霊に憑依されないようにする

もし眠れない原因が霊の憑依にあるとすれば、霊の憑依を避ける対策を実施すればいいでしょう。霊に憑依されないようにするために最も重要なのは、自分の感情や精神、意識を変えることです。霊に憑依されやすい人を霊媒体質や憑依体質と呼びますが、そのような傾向のある人は、共通して、精神的に弱く、マイナス思考でいつもネガティブにものごとを捉える傾向があるといわれています。また、物欲や何かへの執着などが強いことも原因です。もちろん、もともと霊感が強いということもあるようです。このことから、まず自分の精神を変えることが重要だと考えられます。精神を変えるには、意識的にプラス思考、ポジティブな思考を持つことはもちろん、生活習慣や掃除習慣も重要になります。なぜなら、人間の肉体、感情、精神はすべてつながっているからです。また、不規則な生活習慣を行っていると、悪い霊が隙を狙ってやってきやすいといわれています。また、身体を清めることも大切です。粗塩を風呂に入れて入浴するのもいいでしょう。
基本的に、憑依を受けるときというのは、いきなり憑依されるというよりは、はじめは何らからの兆候があるものです。例えば、何か霊の声が聞こえたり、邪悪な思いが入ってきたりします。虚栄心やエゴの心が自分の中に出てくるようなら、悪霊や低級霊が近づいているのかもしれません。場合によっては、何か霊の姿や見えたり、霊によるラップ音などが聞こえたりすることがあります。このように、悪霊や低級霊が近づいていると思ったら、そのような邪悪な思いに対して毅然とした態度を取りましょう。怖がって怯え、弱い自分を魅せると、彼らの思うツボです。この人間は格好の憑依対象だと思ってしまいます。しかし、その邪悪なものをはねのけるくらいの力で意識を強く持っていると、「この人間には憑依しにくい」と判断し、そのうちどこかにいなくなるかもしれません。自分のエゴをしっかりと見張り、はねのけましょう。そして同時に、徳の高い意識を保つことが重要です。精神的に高い人は、オーラも澄み切っていて、高振動といわれています。そのような人間になり、悪霊や低級霊から見て、「相手にできない」と判断されるようになりたいものです。
高い霊波を保つには、「利他愛」の実践が必要です。徹底した利他愛を持ち、行動していれば、より一層が悪霊や低級霊が近づけなくなるといわれています。徹底した利他愛の行動とは、自分のことを忘れるほど純粋な奉仕の心を持って行動することです。霊媒体質は生まれつきのこともありますが、自分の利己的な意識や行動、生活習慣の乱れ、土地の影響なども関係してきます。霊媒体質を根本的に直すためには、まず自分の意識を変えること、生活習慣を規則正しくすることが肝心です。

生き霊からの攻撃を回避する/除霊する

生き霊からの攻撃が不眠の原因である場合、まずは生き霊を追い祓う必要があります。先ほども述べた通り、生き霊は、低級霊などの憑依よりも除霊・浄霊がむずかしいとされています。予防・防衛するためには、パワーストーンやお守りを持ったり、粗塩風呂で身体を浄化したりする方法があります。また、生き霊から防御するためには、霊媒体質を直すことと同様に、自分の意識を高く保ち、生活習慣を規則正しくしてガードを強くすることが肝心です。
また、生き霊は、人から恨まれることをすれば、リスクが高まります。相手が意図的に恨みの心を持つ場合、もちろん、あなたの霊的なものに攻撃してきます。しかし、相手が意識してなくても生き霊が飛ばされることがあります。その場合、あなたが人に対して何らかの恨みをかうようなことをしたということです。つまり、あなたは人に対して、常に恨まれないようにすることが肝心です。すでに相手が恨みの念を飛ばしてきたら、どこへ逃げても逃げ切れることはできません。必ずあなたの元へやってきてしまうのです。ですから、その恨みのエネルギーを予防し、やってきたら防御することが必要になります。つまり、日頃からの防御対策が重要になるのです。
また、生き霊が原因で眠れないと思ったら、恨みをかうようなことをしたのかもしれません。ですから、心の中で、謝罪をするのもいいでしょう。ひたすら謝罪を続け、もう二度としません、と唱え続けます。眠れないときに行うのもいいでしょう。そうすれば、生き霊のパワーが少し弱まり、眠りやすくなるかもしれません。

霊的なエネルギーのバランスを整える

霊的なエネルギーのバランスが悪く、不眠に陥っている場合には、エネルギーのバランスを整えることが対策となります。エネルギーは、身体のチャクラという場所から放出されているといわれているため、このチャクラから出るエネルギーバランスを整えることが肝心です。
人間には、7つのチャクラがあり、それぞれエネルギーの種類が異なります。例えば、第一チャクラは、尾てい骨の付近にありますが、ここのエネルギーが整うと、地に足がついている安心感を得ることができるようになります。また、第二のチャクラは、へその下にある丹田のところにありますが、ここのエネルギーが整うと、何ごとにも情熱的に取り組むことができ、人生を楽しむことができるようになります。 そして頭頂の第7チャクラまで、それぞれエネルギーを整えると身体全体はもちろん、心と精神全体のエネルギーが整ってきます。第7チャクラは、頭の上にある第8チャクラを介して、宇宙とつながるための大切なポイントですから、魂の成長にもかかわってきます。不眠は一種の不具合のサインの一つにすぎません。チャクラからのエネルギーを滞らせないことがポイントになってきます。
では、具体的にチャクラからのエネルギーをスムーズにするには、それぞれのチャクラに該当する色のアイテムを持ったり、パワーストーンを身に付けたりするのが一般的です。また、それぞれのチャクラを活性化させるのに適した行動をする方法もあります。また、行動だけでなく、瞑想でそれぞれのチャクラに適した思いになったり、イメージを持ったりする方法もあります。いずれにしても、自分の最も弱まっているチャクラのエネルギーを調整することがポイントです。

眠れないこととスピリチュアルなこととは密接に関係しているものです。単なる体の不調と決めてしまわずに、一度スピリチュアルな原因を探り、自分なりに対策を行ってみるのもおすすめです。対策を行って、ぜひぐっすり心地良い睡眠を毎晩取ることができるようになりましょう!