電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 紫苑's Cafe > 夢の中で得られるスピリチュアルメッセージ

紫苑's Cafe

夢の中で得られるスピリチュアルメッセージ

夢

毎晩、夜、眠っている間に見る夢の中で、なんだか壮大なストーリーの夢を見ることはありませんか?また、これらの夢が、予知夢となり、実際に現実化したという経験を持つ人もいるかもしれません。また、夢ではなく、実は霊界へ戻っていたり、宇宙人と交信していたりすることもあるといわれているのです。そこで今回は、夢の中で起こる不思議なスピリチュアル体験についてご紹介します。

夢にはさまざまな意味がある!

毎晩、何気なく見ている夢をよく思い出してみると、とても神秘的で不思議だと感じたことはありませんか?よく、夢解釈などで自分の心理状態や今後の運勢を知るということがありますが、それだけではないのです。夢にはさまざまな意味があり、あなたにとって重要なスピリチュアルメッセージが得られることもあります。そんな夢について、考えられることをみていきましょう。

予知夢

夢の神秘のうち、よく知られているのが予知夢です。予知夢とは、正夢の一つです。正夢とは、夢で見た通りのことが現実に起こることをいいます。一方、夢で見た通りのことは起こらなかったものの、夢とは真逆のことが起こることがあります。例えば、試験に落ちる夢を見たものの、実際は試験に合格したということはよくあります。この場合、逆夢(さかゆめ)と呼ばれます。予知夢も、これから起こることを夢に見ることから正夢の一つですが、何らかの忠告、警告などを得ると、特に予知夢と呼ばれます。予知夢なんてなかなか見られないと思うかもしれませんが、実は夢の3割以上はこの予知夢だといわれているのです。さらに、残りの7割を占める夢であっても、中には、自分で気づいていないスピリチュアルメッセージがこめられており、その中には未来を予測する内容が含まれていることもあるのだといわれています。特に、強い警告として感じた夢は、実際、あなたがもうじき直面する状況に対する警告かもしれません。

霊界に戻って得た体験

夢を自分が作り出した幻想だと思っている方は多いでしょう。しかし、実際は、眠っている間というのは、霊界へ一時帰還しているといわれています。魂の故郷は、霊界だからです。毎晩、それは行われているものの、起きたときに「夢に見た」と人間が認識できるかどうかはまた別の話です。
その霊界に戻ってみる夢というのは、霊界の時間で時間が刻まれているため、非常に高速だといわれています。人間界の時間では5分でも、霊界では何十時間もの時間を過ごすことができるのです。それゆえ、夢から目覚めたときも、その断片しか思い出せない人間にとって、「今の夢はなんだったんだろう」「変な夢だった」という感想しか抱けないのです。
また、寝ている間、身体が圧迫されていたり、精神的な不安や緊張など忘れたくても忘れられない、気になることがあったりすると、霊界での体験よりも意識が現実世界に向いているため、覚えているのはごくわずかとなっているようです。また、霊界での滞在というのは、幾重にもレベルがあるといわれており、低い霊界もあれば、高い霊界もあります。この高いレベルの霊界に滞在することができると、心身ともに非常にリフレッシュして目覚めることができます。
しかし、夢に見た場所が霊界かどうかは、誰にも判断がつきません。夢に見たのは霊界ではないか、と語る人の体験談によれば、非常に美しい草花が咲いており、広くてどこまでも続く美しい草原、まるでこの世のものとも思えない清浄な空気などの環境があるといいます。明らかに地上ではなく、美しい異世界であれば、霊界の可能性があるでしょう。

宇宙人と交信することも

今、地球上には宇宙人がちょくちょく姿を見せては、何か地球人に対してメッセージを伝えたり、何かの意図で行動したりしています。しかし、いまだにそれは謎に包まれていることです。こうした宇宙人たちは、日々人間を観察しているといわれています。その中で、人間に対して、観察や検証のためにコンタクトを取ることがあるという説があります。そして、選ばれた人間は、ちょうど眠っている間に、宇宙人のUFOに乗せられて、宇宙人たちと一時的に時間を共にすることもあるといわれています。
よくあるのが、眠っている間、夢と見せかけて人間を検証するというものです。しかしその人間は夢でありながら、実際に体験したように感じられることもあり、「私は、寝ている間に宇宙人と逢ってきた」と証言する人は多いのです。そして、宇宙人と夢の中で体験した後は、宇宙人とつながるチャネリングの能力が芽生えたという人もいるのです。

スピリチュアルメッセージを夢に見たらどうする?

もし、スピリチュアルメッセージのある夢を見たら、どうすればいいのでしょうか。そのいくつかの方法をご紹介します。

紙に夢の内容をそのまま書き写しておく

まず、夢はすぐに忘れてしまうものです。それを前提に、紙に夢に見た通りの内容を書き写しましょう。枕元にペンと紙のセットをいつも置いておくようにすると起きた瞬間にすぐに書き写せます。夢は、冷めたあと、すぐに書くと、鮮明に書き写すことができます。人は、夢に見たことを理解するために、複雑な内容について、勝手に辻褄を合わせて解釈してしまうところがあります。しかし、それでは夢に見た情景の正確な解釈ができなくなってしまいます。人に話をする、自分のことばでブログなどに書くなどしてしまうと、どこかしら夢の内容がねじまげられてしまうのです。やはり夢は起きた直後に、そのまま書き写すことが一番です。もしきちんと思い出せないのであれば、キーワードだけでもいいです。思い出そうとしているとどんどん忘れていってしまうので、まず起きたらすぐに紙にキーワードだけ書いてしまうのもいいでしょう。

強く覚えている夢は予知夢の可能性がある

夢はたいていすぐに忘れてしまうものですが、予知夢の場合、自分への警告であることもあり、その夢に見たシーンがとても印象深く感じられることがあります。そういう夢は、なかなか忘れません。そうした夢は、予知夢かもしれないので、気に留めておく必要があります。また、その警告に思い当たる節があるのであれば、改善しておいたほうがいいでしょう。

スピリチュアルメッセージだと感じたら

もし予知夢ではないけれど、自分にとって何か意味のあるスピリチュアルなメッセージだと感じるような夢を見たら、もしかしたら自分をガイドするスピリット、つまり守護霊からのメッセージかもしれません。そう感じたら、守護霊に対して、何を伝えたいのか、もっと分かりやすいように知らせてほしいと伝えましょう。寝る前に「正しい答えをください」と守護霊にお願いしてから寝るのもいいでしょう。もちろん、意味が自分で分かっているのであれば、そのまま素直に受け止めて行動するといいです。

夢は、ただ肉体や精神が見せている幻想ではなく、スピリチュアルなメッセージや霊界での体験の可能性もあります。固定概念にとらわれず、夢を素直に受け入れて、日々の生活に活かしていきましょう。