電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 紫苑's Cafe > 霊的な存在との対話で開運する方法

紫苑's Cafe

霊的な存在との対話で開運する方法

あなたは普段、どんな情報を頼りに暮らしていますか?新聞、テレビ、雑誌、インターネットなどさまざまなところから情報を入手していることでしょう。しかしそれらはすべて人間が発信した内容です。「人間が発信した情報以外、何があるのか」と思った人は、ぜひ霊的な存在との対話で得られる情報というのも範疇に入れてみることも大切です。そこで今回は、霊的な存在との対話で開運する方法をご紹介します。

人間が霊的な存在からメッセージをもらうには?

霊的な存在との対話で開運する方法

よく、テレビに出ている霊能者が、依頼者の守護霊と交信して「守護霊メッセージ」として伝えるといったことが行われています。これは、果たしてどのように行っているのでしょうか。誰でも、自分の守護霊からメッセージをもらえたら、人生はどんなに楽かと思いますよね。そこで開運の第一歩として、まずは人間が霊的な存在からメッセージをもらう手段からみていきましょう。

守護霊と交信する

守護霊とは、あなたが生まれて死ぬまで、あなたを守護する役目をする霊のことをいいます。しかし、いざというときに助けてくれないこともあります。それは、守護霊は、あなたが成長するのを見守っている存在だからです。守護霊は、あなたの行動や思っていることをすべて知り尽くしています。そしてあなたが私欲に駆られて、よくない行動をしてしまうと、ぴったりと守護が途絶えてしまうことになるのです。
そんな不思議な守護霊ですが、そもそも、メッセージをもらったり、自分の願いを聞き届けてくれたりすることはできるのでしょうか。その答えはYESです。守護霊とは交信できます。しかし、あなたがもし開運の中でも、金運アップを望んでいる場合、「宝くじを100億円当てさせてください」という望みは、聞き届けられない可能性が高いです。なぜなら、それは、守護霊がただあなたの願いを何でも叶えるために存在するわけではないからです。
しかし、守護霊と交信することは可能です。守護霊に対して、敬う気持ち、感謝の気持ちを持つこと、そして守護霊をいつも意識して過ごすこと。これによって、その感性が磨かれていきます。そして守護霊が導く、魂の成長のことも次第に理解することができます。そうなれば、もう宝くじが当たるのを願うことはないでしょう。

テレパシーで受け取る

テレパシーは、超能力のように感じられますが、実は霊感でもあります。そもそも、霊界では、ものを何か思っただけで、瞬時に相手に伝わります。これを人間界から見れば、テレパシーと呼ぶでしょう。このように、霊からの働きかけは、すべてテレパシーであるともいえます。そして、霊が何かしらのメッセージを送るテレパシーは、よくあることです。
守護霊とは異なりますが、どこかの場所にいる霊的存在が、あなたにテレパシーを用いてメッセージを送ることがあります。そしてそのメッセージは、人間との対話のように、耳から入ってくるわけではありません。はじめはあなたの無意識の中にある、潜在意識に隠されているのです。そして、私たちがそのメッセージを認識するには、顕在意識に持ってこなければなりません。自分で自動的に何かのメッセージを受信したら、脳へと送り、言語化します。
これが霊的な存在からのテレパシーのメッセージを受け取るメカニズムです。このように、霊からのテレパシーによるメッセージを受け取るには、潜在意識から言語化する能力を持ち合わせている必要があります。

宇宙からのメッセージを読み取る

自分から宇宙の広大な世界から取り出して受け取る方法もあります。この宇宙には、全宇宙で起こる、すべての情報が記録されているといわれている「アカシックレコード」と呼ばれるものがあるといわれています。
アカシックレコードには、あなたが行った行為はもちろん、隣の人も、会社の同僚も上司も、テレビに映っている芸能人、アメリカの大統領など、ありとあらゆる人が行った行為が記録されています。しかも、過去、現在だけでなく、未来のできごともあるといわれているのです。そして、記録されているのは行為やできごとだけにとどまらず、感情や想念も含まれています。よく、チャネラーや霊能者が未来透視をしたり、その人の体験した過去を暴いたりできるのは、このアカシックレコードから情報を引き出していることもあります。アカシックレコードは、誰でもアクセスできるのです。
このように、霊的なメッセージを受け取る方法の一つに、アカシックレコードから情報を引き出す方法もあります。霊的な存在からのメッセージではないものの、宇宙の叡智から引き出された情報は、ある意味、霊的なメッセージともいえるでしょう。

霊的な存在から得たメッセージはどのように活かすことができるのか

では、これらの霊的な存在から得た情報は、どのように生活の中で活かし、開運していくことができるのでしょうか。3つの方法それぞれの活用方法をみていきましょう。

守護霊からのメッセージを活かす方法

守護霊からのメッセージは、ふとした瞬間に起こるインスピレーションや夢などで受け取ることができるといわれています。この場合、イメージで降りてくることが多いので、まずは書き留めておくといいでしょう。特に夢の場合、時間が経つとどんどん忘れてしまいます。また、守護霊が与えたメッセージは、霊的なものなので、人間の脳では把握しきれないものも多いです。それゆえ、見たまま、感じたままを素直に書いておくことがポイントです。もしその時点で何のことか分からなくても、いずれ分かるときがくるものです。「あのとき見た夢は、これを知らせる夢だったのか」と納得することが多いのです。
また、守護霊からのメッセージは、ただ受け取るだけでは足りません。それはあなたの魂が成長するための手がかりとなるものです。あなたがそのメッセージに対してどう感じ、どう考え、どうやって生かしていくか、それを守護霊は見ているのです。そのことを意識して、魂を成長させていくことで、あなたの運も次第に開けることでしょう。

テレパシーで受信したメッセージを活かす方法

テレパシーでメッセージを霊的な存在からもらったときというのは、なぐさめや警告などさまざまなものがあります。しかし、いずれもあなたにとって重要なことには変わりありません。それがあなたにとって理解できる内容であれば、そのまま受け取るのが賢明です。もしその場で意味が分からなくても、守護霊からのメッセージと同様に、あとから分かることもあります。自分を癒し、時には、人を癒すことができる可能性があります。このように活かしていけるのであれば、あなたの運も開けるでしょう。

アカシックレコードからの情報を活かす方法

アカシックレコードにアクセスでき、情報を知ることができたとします。しかし、その情報は、必ずしも自分や家族、愛する人たちを喜ばせる内容ではないかもしれません。未来を知るとはそういうことです。しかし、それを知ることは、自分の人生、もしくは誰かの人生の舵取りのヒントになります。「こういう未来が待っている」と知ったら、誰でもそれを意識して過ごすはずです。いいことならもっといいことになるように、悪いことなら、それを回避するように働くはずです。このように、アカシックレコードからの情報を活かすには、まずすべてを受け入れることが大切です。そうすれば、あなたの運も開けるでしょう。