電話占い紫苑

自動受付電話番号:0570-005-777

クレジットカード決済可 VISA, MasterCard, JCB(手数料はかかりません)

電話占い紫苑トップ > 紫苑's Cafe > パワーストーン・天然石の浄化方法

紫苑's Cafe

パワーストーン・天然石の浄化方法

開運を目的にパワーストーンアクセサリーなどを購入された際、石の浄化はなさっていますか? 当紫苑で販売しているストーンアイテムに限っては、あらかじめ鑑定師による浄化と念入れを済ませているため、後からお客様が手を加える必要はないのですが、その一方で巷間のショップや他の通販などで購入された場合は、やはり事前に浄化されてからお使いになるのが無難と思われます。 パワーストーンを浄化せずに使用しますと、その本来の能力を発揮できないばかりでなく、後天的に注ぎ込まれた悪念や低級波動の影響を受けてしまうこともあるからです。 …とはいうものの、具体的にどのように浄化したら良いのかわからないと言う方もいらっしゃると思いますので、このスペースを使いまして石の浄化法について簡単にご紹介させていただきます。

「ストーンの浄化」とは、その石が発する波動をいったんニュートラルな状態に戻すこと。

購入したてのハンカチでいきなり濡れた手を拭こうとしたところ、なかなか水を吸い取らなかったという経験はありませんか? 新品のハンカチやタオルには糊が付いているため、いったん洗濯などの水通しをしなければ汗や汚れを吸い取るようにはなりません。これと同じ事がパワーストーンにも言えます。ストーンに付着した余計な波動を取り去って無垢な状態にリセットするからこそ、ストーンは自分だけのものとなり、邪気を祓う神聖なパワーを放出することができるのです。 とくに天然石というものは採掘された時点から何人もの人間の手を経て、様々な環境に置かれた後、ショップの店頭に並びます。その間に様々な思念や邪気を吸い込んでいる可能性が高く、またパワーストーンという性質上、他の物品に比べてもそうした人間の念波動に同調しやすいということもあるため、どうしても一定の浄化が不可欠になってきます。 同様に一度浄化を終えたストーンであっても、使っているうちに邪気が溜まり、パワーが落ちてきます。こうした石に対して定期的に浄化を繰り返すことで、初めてその効果をベストに保つことができるのです。 ストーンの浄化法自体は決して難しいものではありませんので、ぜひお試しになってみてください。 それでは個別の浄化法についてご説明いたします。

月光浄化
月光浄化

これは月のパワーによってストーンを浄化する方法です。 月の霊的パワーは下弦に入りますとネガティブな作用を引き起こすことがあるので、必ず新月から満月に至るまでの上弦の月の晩を選んで行います。できれば満月に行うのが最も効果的です。 やり方自体はとても簡単で、月光の差し込む場所に1~2時間、石を置くだけです。ただしその際は、まだ願い事などはしないようにしてください。

太陽光浄化
太陽光浄化

石のパワーを高めたいときには、太陽光によるパワーチャージも効果があります。時間によってチャージできるエネルギー量や意味合いが違ってきますので、できれば日の出から日没まで丸一日当てるようにするのが無難なやり方です。
※ただし、アメジスト、スギライト、ロードクロサイト、フローライト、カルサイトなどは、日光を当てると変色してしまいます。こうした種類(主に水晶類)に限っては、絶対に太陽光浄化は避けてください。

水による浄化
水による浄化

湧水や清流にストーンを浸けられる環境であれば、これだけでも立派な浄化効果を持ちます。 しかし実際にはこうした自然水を手に入れにくい場合が大半だと思いますので、代わりに塩素の入っていない水で石を洗います。浄水器を通した飲料水でも良いですし、軟水のミネラルウォーターで流すことができればさらに効果的です。 洗う際は掌にストーンを置いて上から水をかけるようにして注いでください。 洗った直後の濡れたストーンは必ず乾いた布でよく拭いて乾かしてください。
※ただし太陽光浄化と同じく、水を使うことができない石の種類も存在します。 カルサイト、クリソコラ、ターコイズ、フローライトなどの石は、水に濡らすと石面が変質してしまいますのでくれぐれもご注意ください。

塩による浄化
塩による浄化

粗塩の持つ邪気払いのパワーによって浄化する方法です。精製していない自然塩を深さのある器に盛り、石をその中へ埋めてしまいます。この状態で一日放置してください。
※ただし、カルサイト、フローライト、スギライト、ターコイズ、ラピスラズリ、マラカイトなどは、塩分に触れると変質してしまうのでこの方法での浄化も不可です。

ハーブによる浄化
塩による浄化

ハーブが発する清浄な香りによって浄化する方法もあります。
ネイティブアメリカンがスマッジとして使用する、乾燥したホワイトセージを用意します。
深さのある皿にホワイトセージのドライハーブを何枚か乗せ、火を点けてください。炎が上がった場合は手であおいで消し、立ち上る燻煙に石をかざします。 時間は一分間くらいで十分です。

水晶クラスターによる浄化
水晶クラスターによる浄化

上記の注意書きにも記したように、カルサイト、フローライト、スギライト、ターコイズ、ラピスラズリ、マラカイトなどのストーンは他成分によって変質しやすいため、この水晶クラスターによる浄化法を用いるのが一番無難です。
水晶クラスターとは、ポイントと呼ばれる柱状の水晶が集まっている水晶群の塊です。様々な形状と大きさのものがあります。小さなクラスターはそれほど高価なものではないので、ぜひひとつお持ちになることをおすすめします。 これは万能の浄化装置とも言えるアイテムです。室内に水晶クラスターを置いておくだけで、その場を強力に浄化する作用が発揮されます。取り替える必要のない「盛り塩」と考えれば分かりやすいかもしれません。
石を浄化する場合は、少なくとも丸一日、クラスターの上にそのアイテムを置いてください。浄化と同時にクラスターからのエネルギーがチャージされ、ストーンの波動を活性化させます。 クラスターによる浄化は石の種類や形状を選ばず手軽にできます。とくに手持ちのアイテムが多い場合、アクセサリーに仕立てられたパワーストーンを浄化するときなどは、この方法を取るのがベストと言えます。

以上、いくつかの浄化法をご紹介しました。
疑問や質問を持たれた方は、お気軽に紫苑受付までお問い合わせください。